2018年10月21日 (日)

あわただしい日々

新築工事の引渡しに、新たな設計が重なり、それが現場に移行して・・・
更に、次の計画が始まり・・・

現場がとまらないように、忙しいお施主さんと何とか打ち合わせの時間をとってもらい・・・

うちの仕事は、ほぼ終わりました
後は、大変な工期・・・現場にがんばってもらうのみです
職人さんたちには、頭が下がります(萩野9

| | コメント (0)

2018年10月10日 (水)

現地調査

6年前に設計した先生からの依頼でした
今のクリニックの別の階を借りて、新たな展開を考えているそうです

R0045918

水廻りの位置やこれからの考え方をお聞きして、計画案を作成します

R0045911

大川添いは、ネコジャラシがゆれています(萩野)

| | コメント (0)

2018年10月 4日 (木)

初回打合せ

友人に頼まれて、打ち合わせに行ってきました

施設の増築改修の計画です

使い勝手を確認し、計画に入ります

R0045831

ただ、敷地が大きく、それまでのいきさつがわかりません
合法に建設されたことはわかるのですが、かなり前のことで・・・

そちらのほうが、不安です(萩野)

| | コメント (0)

2018年9月25日 (火)

打合せ・・・再開

しばらく土地のことであれこれ検討されていたそうですが、方針が決まり、打ち合わせが再開しました

今までは、こんな場合もあり、こんな場合もある・・・そんな感じでしたが、これからは、はっきりした方向性を持っての検討に入ります

先生方も、これから、きっちりと考えられるのではないでしょうか・・・

R0045764

いつの間にか、敷地の、更地になっていました(萩野)

| | コメント (0)

2018年8月19日 (日)

京都の動物病院「秋山恵蔵どうぶつクリニック」・・・見学会  

R0045564

京都の七条七本松交差点に明後日の開院を前に、本日、見学会でした
午前中だけで、たくさんの方が、見学にこられました
(2階の美容室は、もともとの人間のお店です)

R0045567

先生方のこだわりで、外壁は左官で塗り替え、一部は割り石を張りました
サッシュは全て、木製です
テントも張り替えて、イメージが変わりました


R0045582

R0045581

内装も、木目を中心としたシンプルな仕上がりです
壁のアクセントカラーは、今回のイメージカラーです


R0045598

第2診察室はエコーや眼科用に使われます


R0045590

最初見たときは、なかなか難しいテナントでしたが、きれいにまとまったと思います


R0045586

OP室は広めで、将来、眼科のOPも可能かと思います


R0045571

大型犬の入院室も、確保することが出来ました

たくさんの方に利用していただければ・・・と、思います(萩野)

| | コメント (0)

2018年8月14日 (火)

今日も打合せ

先月から、急ぎの仕事が立て込み・・・今年は、お盆休みどころか、8月は休み無し

今日も、打合せに行ってきました
湿度が高く、汗だくで移動しました

R0045527

明日も、京都の現場です(萩野)

| | コメント (0)

2018年8月 6日 (月)

あたふた

昼から、仕上げの資料を受け取りに現場へ・・・
工事は、大変な状況です
もともと無理な工程でしたが、それでも、なんとか遅れずに詰めてくれています

R0045501

サンプルを見て、候補を決めて、お施主さんに相談に行きました

基本的な考えが共有できているので、そこから先は任せてもらいました
おかげで、現場に迷惑を掛けずにすみました

夕方からは、クリニックの打ち合わせです
こちらも、あまり余裕はありません

ゾーンニングの説明をして、先生のこだわりを聞いて、至急、検討案を作ります

時間がないときは、優先順位を見失わないことが大切です(萩野)

| | コメント (0)

2018年7月18日 (水)

3つ、打合せ

夕方から、進行中の色決めで施主打合せ
その他、いろいろ打ち合わせ

その後、現場事務所で、決定事項と要望を伝える

更に、テナント内部の先生と打合せ
話が弾んで、忙しい先生ですが、1時間以上、時間を割いてしまいました

あと40日、現場をとめることは出来ません(萩野)

| | コメント (0)

2018年7月13日 (金)

ばたばた

確認申請、市の経由、各課協議も終わって・・・と、道路明示が必要・・・?

何度も行っているのに・・・今頃
物件は、住宅ほどのクリニックです
役所曰く、書類に書いている・・・確かに、水路などは必要とかかれていますが、道路明示とは書いていないような・・・うちの確認ミスか?

道路明示は結構大変で、1ヶ月以上かかり、隣接者の立会い、同意も必要で、開発行為みたいな大きなものにかかるのが通常です

それも、最後の最後に・・・

今日は打ち合わせが2つ入っていましたので、事務所の者に役所周りを急遽依頼・・・不動産屋さんや土木事務所の方の協力もあり、何とか決済に向かうことになりました

役所によって、やり方が異なり・・・役所が絡むと、急に、ややこしくなります
だから、確認申請は、全て、民間に出します

R0045400

それにしても・・・暑い(萩野)

| | コメント (0)

2018年7月 6日 (金)

企業主導型保育事業・・・申請

働いている方の子供さんを見るための保育園・・・それによって、育休に入ることなく働くことが出来る・・・そんな補助金事業です
何億、何十億と、不思議な補助金支出の話を聴いているこのごろ、それに比べ、わずかなお金をもらうために、なんと労力がかかることか・・・
まだ、決まっていない事業のために、明細まで必要な2社見積りが必要です
それを出すためには、設備計画まで必要です
そのために、設備プロット図を手書きで作りました

2週間くらい前から、立て続けに頼まれて、走り回っています

趣旨には賛同するのですが、1.5ヶ月では短すぎです
3ヶ月前くらいに、指針を出してほしいものです

今日は、申請作業中の物件で、某市役所に行ってきました
訳あって、とても急いでいるお施主さんの仕事で、事前に工程確認し、審査機関の下見も終わり、調査報告書をもらうために市役所に申請書絵を届けたところ、施設ものなので3週間かかる・・・いやいや、施設物であることを含め図面を持って相談に行って1週間くらいと(これは同席したお施主さんも聞いています)、関係各所に事前に打ち合わせをして了解をもらって・・・話を聴くと手違いのようで、しかし、現実は待ってくれません
聞くと、関係課は5つとのこと・・・庁内の4課は、2日位で回れると思うのですが・・・消防は入っていない(もう打ち合わせは終わっている)
開発がかかるような大きな建物ならそうは行きませんが、PDFでメールを送って・・・そんな改革が出来ないものでしょうか?・・・庁内の民間並みの改革が必要かと・・・

担当の方はいい人で、努力してもらえるようです

市民であるお施主さんは。あの人たちの施主でもあるという意識が・・・それがあれば、変わることは簡単かと・・・

民間の人間から見ると・・・不思議です(萩野)

| | コメント (0)

より以前の記事一覧