« 平野区のクリニック・・・中間検査 | トップページ | 大川添い・・・桜の後はさつき »

2017年4月26日 (水)

国産材の家・・・「土佐の木の家」

15年ほど前から、産地との家づくりを行っています
吉野や土佐が、中心です

うちは、基本、家具が入る前に写真を撮るので、生活感が出ません
でも、次に訪ねると、生活感が出すぎていて、いい感じなのですが、プライバシーの問題が出ます

以前に設計したこの住まいは、住まい手の了承のもとに撮れた数少ない写真です
住まい手が、土佐とかかわりがあったので・・・

構造材の檜や杉、床材の間伐材を使ったフローリングも全て土佐材です
故郷の材が、関西に入りました

B0004

B0008

B0015

B0022

A0007

A0011

A0020

A0037

シンプルに、コストをかけず、土佐や吉野の材で建ててみてはいかがでしょうか?(萩野)




|

« 平野区のクリニック・・・中間検査 | トップページ | 大川添い・・・桜の後はさつき »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 平野区のクリニック・・・中間検査 | トップページ | 大川添い・・・桜の後はさつき »