« バリアフリー改修の現実 | トップページ | 造幣局のイチョウ »

2017年3月 3日 (金)

住宅の設計

少し前から計画していた住宅が、建設場所が変わるかもしれないということで、新たな土地で、打ち合わせ用のファーストプランを作りました

昨日、老朽化による建替えの話があり、打ち合わせ用のファーストプランを作りました

先日から計画している、連棟のコートハウスの計画案を作成しました

バリアフリーの相談も、打ち合わせをして、方向性を調整して・・・少しでも安くなるよう、工務店の知人に、施工方法など確認しています

住まい手の話を聴かないとけして設計はできません
独りよがりでは意味がありません
創って・・・壊してです

最初の打ち合わせをするために、想像して、ファーストプランは早く作ります
このプランがベースになってゆくこともありますが、まったく違うアプローチで進んでいくこともあります

これが、面白い

2件の現場が始まる前で、ちょうど時間が取れたので、計画に時間をかけることが出来ました(萩野)

|

« バリアフリー改修の現実 | トップページ | 造幣局のイチョウ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« バリアフリー改修の現実 | トップページ | 造幣局のイチョウ »