« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月31日 (月)

「大阪マラソン」

昨日の朝、なにやら騒がしい
外を見ると、大阪城に続く道にたくさんの人
大阪マラソン

R0041669

スタートしてしばらくすると、土佐堀通りを人が埋め尽くしていました(萩野)

| | コメント (0)

2016年10月29日 (土)

2つの現場とコスモス

ヒデイ建設さんに施工してもらっている忠岡町の現場と、ヒデイ建設さんの紹介で設計している現場に行ってきました
どちらも、佳境です

R0041631

まず、岸和田のリフォームの現場に向かうと、途中、コスモスが咲いていました
これだけ一面コスモスは、初めてでした

数人の方が、車を止めて、写真を撮っていました
ハコの上に入れ物があり、1本10円と書いていました

R0041637

R0041650

現場はボードが貼りあがり、あとは仕上げです
外壁の塗装も終わっていました・・・なかなかいい感じです

外構の方針も決まり、来月末の竣工です

午後からは、「忠岡町の家」の現場打ち合わせでした

現場には、奥さんのお父さんである、大学の先輩も来ていて、さすがに雨仕舞いの指摘を受けましたが、これからこういう風にすると説明し・・・たぶん・・・納得してもらえたのかと思います

R0041664_2

こちらも、最後の仕上げ確認と、外構の打ち合わせでした

基本方針が決まり、これから、設計図をもとに、検討します
設計段階で、想像できないことは、予算を見ておいて、現場で確認して、決めます

R0041652

ロフトの手摺が付いていました(萩野)

| | コメント (0)

2016年10月25日 (火)

淡路島の動物病院・・・ダルトン搬入

完了検査も終わり、動物病院では恒例ですが、ダルトンの医療家具の搬入でした

処置流し台以外は新設です

R0041628

今回、多分初めてですが、天板は、すべて白です
ダルトンの社員さんは、カメラを向けるとすっと逃げてゆきます
ブログに載ると何か言われるのでしょうか?
誰も見てないのに・・・

今の病院よりダルトンも含め、相当、収納が増えました
動線も整理したつもりですので、日常のストレスが、少し減るのかと思っています

R0041626

OPの準備スペースが少し狭かったので、今回は、歯科でよくやるように、オートクレープを家具の下に収納しました(萩野)

| | コメント (0)

2016年10月24日 (月)

「浜田省吾}大阪城ホール

昨日は、午前中だけ図面を描いて、昼食の後、運動不足故に大阪城へ・・・

曇り空の中、たくさんの人が来ていました
近くの人、大阪マラソン前故ランニングの人、ぶらっと訪れた家族連れ、外国の人・・・たった15分歩くと、別の世界があります

R0041585

植木市があるということで、多肉植物を求め公園の反対側まで・・・森之宮です

ぶらぶらと探索し、帰りに、大阪城ホールの近くが活気にあふれていたので見に行くと・・・浜田省吾のコンサートのようで・・・浜田省吾といえば、僕の青春時代・・・高校のときに聞いた「路地裏の少年」は、忘れられません

R0041587

R0041589

トラックの前で、たくさんの人が写真撮影をしていました
入り口の前にも、たくさんの人がいて・・・拓郎のコンサートより若い人が多い感じです・・・さすが、浜省

少し、昔を思い出しました(萩野)

| | コメント (0)

2016年10月22日 (土)

淡路島の動物病院・・・完了検査

淡路島の動物病院、建物は早くに出来ていましたが、今年の雨は異常でした
外構が遅れていましたが、やっと出来ました

大阪から来てもらうので、遠方は土曜日が基本です
来月には、「忠岡町の家」でまたお世話になると思います

R0041579

R0041582

先生方の希望で、外部待合の目隠しが、瓦をのせた和風になりました
淡路島を意識してのことです
待合の目隠し格子とあいまって、個性ある空間になりました

細かな納まりは、最後は船越さんと瓦屋産が決定しました

来週には、ダルトンの医療家具を搬入して、一旦こちらの工事は終わりです
後は、来月の引越しを待つばかりです(萩野)

| | コメント (0)

2016年10月19日 (水)

クリニックの打合せ

友人と共同設計をすることになったクリニックの打ち合わせでした
先生とは前回お会いしたのですが、クリニックに行くのは初めてでした

毎日、たくさんの患者さんが来られているそうで、いろんなところが工夫されています

R0041528

子供さんを退屈させないように、いたるところにいろんなグッズが置かれています(萩野)

| | コメント (0)

2016年10月18日 (火)

朝の遠回り・・・大川添い

やっと涼しくなり、朝、少し回り道で出勤です
・・・とはいえ、今日は上着を着ていると、少し汗ばむような気温でした

R0041499

大川添いは、秋の気配です(萩野)

| | コメント (0)

2016年10月17日 (月)

「癒しの灯り展」川西市郷土館

昨日は、1日かけて、芸術鑑賞

R0041454

朝から「大阪市立美術館」でとある画壇(?)の関西の作品展へ・・・
知り合いが出展しているということで、向かいました
どれも100号を超える(よく判りませんが・・・)大作ばかりで、なかなかの迫力です
好みの問題で、気に入った作品は、どこか共通項があります

その後、川西の「郷土館」に向かいました

これも、知り合いが、作品を出展しているそうです

R0041461

郷土館は、旧平安邸後です
きれいな数奇屋で今回の作品「癒しの灯り展」にぴったりでした

R0041466

4人の作家さんによる、灯りの展示で、夕方になって、すごく雰囲気が出てきました

一人は、琥珀松(俗称かもしれませんが・・・)という松脂の多いたいまつに使われた松を使っての行灯です
薄くスライスすると(・・・といっても結構厚い)松脂の多いところが明かりを通して赤く光ります)
初めての灯りです

二人目は、たちくい焼き(違うかもしれません)の陶芸家の方で、薄く形を作って、半乾きのうちにすばやく切り取って行くそうです
薄いので、登り窯で焼くとわずかしか、完成作品はできないそうです

R0041467

そして、知人の作家さんは、木や竹でフレームを作り、和紙や大島などでシェードを作り落ち着いた行灯にしていました
あまり高価にならないように、古い欄間や割り箸を組み合わせた作品もありました

旅館や古民家を利用したレストランに合いそうです

そして、4人目は、ステンドグラスの作家さんで、近辺で教室を開いている方で、生徒さんの力作がありました
これも、当然、和の空間に会います

夕暮れの部屋で、幻想的な感じです

R0041477

R0041482

その後、移築された「旧平賀邸」も見学させてもらいました

R0041479

これは、マッサンやべっぴんさんの撮影に使われたそうです

外壁が小石の洗い出しで、初めて見ました

小さな平屋ですが、中身は・・・濃い

東屋も一緒に移築されていました

その他にも、見学コースはあったのですが、ここでタイムオーバーでした

帰りは、箕面の有料道路のトンネルで大渋滞・・・出たとこの2つの信号の感覚をちょっと変えれば、もっと改善しそうな感じでしたが・・・どっと疲れました(萩野)

| | コメント (0)

2016年10月15日 (土)

「忠岡町の家」外壁ができました

京都の松彦建設工業さんに無理を言ってお願いした、外壁の左官が終わりました

R0041434

天候により少し遅れましたが、完成です
今回は、白っぽい色ですが、いつものワラスサを入れてもらいました
白のときは、入れないそうですが、いつも入れているので、割れないようにゲンかつぎです
少し色が渋くなりますが、いい感じです

2階もほぼできています

R0041448

リビングから、階段室を通して、向こうの書斎に開口で見通せるようになっています

横に梁が通っていて見えにくいのですが、ロフトの開口がこの季節、風を通してくれるはずです・・・これが、結構効きます

R0041453

現場から戻って、クリニックの打ち合わせをして・・・帰るときは、満月でした(萩野)

| | コメント (0)

2016年10月13日 (木)

秋の気配・・・大川の砂浜

月曜日、内勤続きで運動不足かということで、昼ごはんの後、少し歩きました

R0041413

大川沿いを桜ノ宮方面へ歩くと、砂浜があります
少し肌寒くなってきていたのですが、子供たちが、水と戯れていました
もう、夏も終わりです

今日は更に寒く、少し鼻の具合が・・・おかしい(萩野)

| | コメント (0)

2016年10月11日 (火)

東大阪・・・歯科の現場

工期がありません

最初の打ち合わせで、いくつかのプランを提示し、説明し、すぐにこれで行こう・・・と返信をいただき・・・解体が始まりました

R0041417

今日は、配管のためのスミ出しが終わって、現場確認と、仕上げの打ち合わせでした
(歯科の場合、床を組むので、配管時のスミ出しと、床組み後のスミ出しがあります)

明確な考えのお施主さんですので、打ち合わせの方向性は、スムーズです
でも、やはり、細部の決定は悩まれます

時間が許す限り、検討してもらいたいと思います(萩野)

| | コメント (0)

2016年10月 6日 (木)

久しぶりの青空

台風も過ぎて、今日は久しぶりの青空

R0041412

最近は、現場打合せ以外は、先輩の手伝いで、ひたすら図面を描いています
こんなに書くのは、いつ以来でしょうか?

若い頃、がむしゃらに書いていた頃を思い出しました

もう少ししたら、うちの新たな仕事がスタートします(萩野)

| | コメント (0)

2016年10月 1日 (土)

大東市から忠岡町から岸和田

今日は、朝からNPO福医建研究会が参加している、大阪府リフォームマイスターの大東市でのセミナーに参加しました
・・・とはいえ、セミナーなど無縁で、そのあとの相談会のためで、川上さんの助手です

リフォームマイスターに参加している中でわれわれが、唯一、施工をしない設計者の組織です
今回は、耐震補強か建て替えかの相談でした
話を聴くと、なかなか悩ましい内容でした
いくつかのパターンを説明させていただき、奥さんや、子供さんとも将来も踏まえ、話し合ってみることをお勧めしました

それにしても、ご主人の話が非常に面白い・・・色々なことを考えています

その後「忠岡町の家」の現場を覗きました

R0041398

フローリングを敷きはじめたと聞いて、見たくなりました
1階は廊下に開口が少ないので、暗くならないように、カバ材を、2階は明るいので、子供さんにのびのびすごしてもらうためにナラ材を選びました
丁寧に、紙を挟んでの施工です
ムクフローリングは、こうしないと、湿気や床暖房で伸びたときに大変なことになります

R0041403

2階には、建具枠や額縁の施工前の塗装がされていました
今回は、施工者推薦の素肌美人の塗装です
これは,塗った後も、質感があまり変わらないそうです

R0041405

外壁は、ラスが張られ、月曜から下塗りの施工予定だそうです
台風の影響が心配です・・・今年は雨が異常に多いような気がします

その後、「岸和田の家」のリフォームの現場に・・・

住まい手さんが、みんなでサンプルを見ていろんなことを決めてくれます
現場的にはありがたいのではないでしょうか

R0041409

足場に、岸和田市の、耐震補強の看板が張られていました
岸和田市が、検査のときに持ってきて、お施主さんに頼んでほしいと云われたそうです
こんなこともあるのか・・・(萩野)

| | コメント (0)

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »