« 自治会長さんに説明 | トップページ | 大谷は速い »

2014年6月16日 (月)

松山市「ブルーバード動物病院」開院

3月に初めて現場に行って、設計をはじめ・・・ようやく、開院です

遠く離れての設計ですので、どこまで、先生方に納得してもらえたのか不安もありますが、開院のお祝いに行ってきました

昼過ぎに、着いたのですが、駐車場はいっぱいでした

すべての患者さんが、当然初診なわけで、時間がかかったことと思います

いつものことですが、医療器が入って、初めて病院としての姿になります
たくさんの方から送られた花や植物が、外まであふれていました
これも、先生方の人柄を表しているのかと思います

R0035699


外観は、ほとんど触らず、サインだけのデザインですが、シンプルで、いい感じです

R0035703 R0035704


待合は、狭さを感じないように、カウンターの上をオープンにして、一体の空間に見せています
濃い木目のドアが、患者さんを誘導します

R0035711

一般診察室は、エコーを入れられる大きさで、エコー使用時暗くできるように,遮光ロールスクリーンをつけています

R0035714


鳥用診察室も、暗くできるようになっていますが、診察中に必要になるとのことで、酸素配管も用意しています

R0035708

処置室は、コンパクトですが、ダルトンが入っていて、機能的です


R0035712

OP室兼エックス線室は、スペースを考え、1室タイプです
暗室は、近く、CRのスペースになることでしょう

R0035718


2階に、鳥用入院室があります
温度調整ができる水槽が入っています
状態が常に確認できるよう、監視カメラ鵜を設置しています

R0035716

外部には、入院中のワンちゃんのためのドッグランがあります
板張りで、少し優しさを演出しています

まだまだ、慣れるまでに大変かと思いますが・・・頑張ってください(萩野)

|

« 自治会長さんに説明 | トップページ | 大谷は速い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 自治会長さんに説明 | トップページ | 大谷は速い »