« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月30日 (土)

堺のクリニック・・・サウンディング

申請が手間取っていますが、進めれるところは進めて・・・と云うことで、サウンディング調査を行いました
木造平屋で、もともとの地山に、若干の盛り土、それも30年ほど前ですので、改良は行わないでしょうが、調べないと心配です

R0034297

大体、土地の所有者さんの話通りの結果のようです

報告書を待って、構造事務所と打合せます

R0034298

先日、17年ほど前に設計した住宅の住まい手さんから、電話があって、少し前のゲリラ豪雨のとき、バルコニーの排水ドレンがはっぱとかで詰まって、プール状態になって、室内が水浸しになったそうで、業者さんを紹介して、無事水害保険も下りたとのこと・・・うちには不似合いなほど可憐な、花が送られてきました(萩野)

| | コメント (0)

2013年11月27日 (水)

工事契約と現場確認

枚方の動物病院の工事契約でした

工事中に契約の見直しがあったそうで、しばらく止まっていたところです
今回、再スタートです

工事契約を結んだあと、現場に行って、確認を行いました

R0034286

当初もらっていた資料ではよくわからなかったのですが、ブレースがあったり、立ち上りが少しふいていたり、若干内部が狭くなりそうです
幸い、その辺の可能性は感じていたので、少し大きめに取っています

これから詰めてゆきます

排水管等の埋設も、一度終わっていますが、埋設ルートが判りません
資料をもらって、接続ルートを決めることになります(萩野)

| | コメント (0)

2013年11月26日 (火)

大川添いの紅葉

今日は、少し早く起きれたので、大川添いを回って出勤
日ごろから、歩かないことを指摘されています
遠回りをしても、15分くらいです

大川添いの紅葉も、今が一番きれいです

R0034284

今日も、堺市役所に走り、隣の法務局で公図を取って、施主さんに印鑑をもらい、、和泉市役所に走り確認の経由印をもらって、堺市に戻って再度話を聞いて、夜は「快居の会」の例会に参加して、現在進行中の相談業務の説明をして、戻って、不足資料の作成・・・あわただしい(萩野)

| | コメント (0)

2013年11月25日 (月)

大阪城のイチョウ・・・紅葉

毎朝、眺める、大川添いの桜やケヤキの紅葉も、今がピークです

大阪城のイチョウも、きれいな黄色です

R0034279

生駒のクリニックの工事契約に立ち会いました
これから、具体的な打合せがスタートします

それにしても、新築の現場は、後1カ月・・・大変そうです

その後、和泉市へ、開発不要願の差し替えに・・・
差し替えと、少しの書き込みで、受理することができました
(和泉市の方は、みんな親切です)

これで確認の提出に入れます
4月までに、少しでもたくさん進めねば・・・(萩野)

| | コメント (0)

2013年11月22日 (金)

クリニックのファーストプラン提出

先週、初面談を行い、1週間で基本プラン提出

先週はアーキネットの仲間の藤本氏と同席ですが、今週は、彼の予定が詰まっていて、一人で説明に行ってきました

婦人科は初めてです

大概の科目は、やったことがあるのですが、眼科と婦人科は、未経験です
また、患者として、行ったこともないので(婦人科は当然ですが、目も、老眼以外はいたって丈夫なので)、知識だけでは、不安です

幸い、藤本氏は、その辺は、経験豊富で(今も偶然ですが、生駒で、うちのクリニックの隣の婦人科を設計しています)、今回は、基本設計の重要な部分を、受け持ってもらいました
(我々のネットワークは、医療、付記し関係の経験のある、設計の仲間の集まりで、こうして、共同で、仕事をします)

4社ぐらいの競合とのこと、どの程度評価されたのか、月末の結果を待ちます(萩野)

| | コメント (0)

2013年11月21日 (木)

市街化調整区域で診療所

原則として、市街化調整区域でも診療所の建設は可能です
しかし、堺市だけなのか、全国的にそうなったのか知りませんが、ある条件があります

建設場所から、50m以内に住居があること
更に、50m以内に途切れることがなく住居があること・・・それが50件以上

先日、現場に確認に行きました(住宅地図では、なくなっている家もあるので、現地確認が必要です)

すぐ近くが、市街化区域との境界で、そこから、たくさんの住宅が建っています
手じかに、そちらを確認し、昨日、要否判定を提出に行ったところ、調整区域内でのみで確認するとのこと・・・今日、再度確認に行き、提出してきました

R0034276

堺市自体都会で、いたるところに住宅が建っています
すぐそこにたくさんの人が暮らしていれば、診療所は、必要なはずです
何故、調整区域内に限定するのか・・・意味が判りません

これで、半日、つぶれました
何故、事前に相談に行ったときに、知らせてくれなかったのか・・・

なんせ、調整区域は、これで2件目なので・・・(萩野)

| | コメント (0)

2013年11月20日 (水)

再び・・・動作確認

以前、マンションの改修を行った、お施主さんからの、新たな相談です

今回は、自立に向けての、入浴の相談です

キッチン、トイレ、洗面は、改修できたのですが、入浴だけは、ヘルパーさんの助けがなければ、車椅子が、うまく処理できません

扉を取り外したままでなければ利用できない浴室を、引き戸にして、自分の好きな時に入浴できるようにしたい・・・でも、そうすると、家族の方が入るときに洗体台があって使いにくい

R0034264

今日は、通院中のリハの理学療法士さんも同席されて、、みんなで知恵を出し合いました

いい考えが生まれたようですが、これから、施工者の皆さんと、話し合ってゆきます(萩野)

| | コメント (0)

2013年11月18日 (月)

プレカット打合せ・・・他

昨日は、2年に一度の、理科大同窓会、関西合同懇親会が京都でありました
70名ほどの参加で、理事長も来て、盛況でした

R0034251

その後、芦屋のギャラリーで、絵画鑑賞
その後、芦屋の居酒屋さんにて食事

R0034253

今日は、昼に、生駒のお施主さんに、内観とのB工事の契約書に印鑑をもらい、その後は、カトリック伊丹教会管理棟のプレカットの打合せで、奈良木建さんへ・・・

その後、大阪で、今度のテナント工事の本体設計との、工程打合せ

戻ってきて・・・あれこれ・・・(萩野)

| | コメント (0)

2013年11月16日 (土)

お施主さんの見学

「五條の家」のお施主さんが、うちのか、工務店の実際に建った建物を見たいと言う要望で・・・今回、うちのした住宅は、あまりにも遠いので、松彦さんの住宅の見学でした

1件目は、スケルトンでのリフォーム、土佐和紙で仕上げられています

R0034247

2件目は、1か月前に見学会に行った、ほぼ平屋の住宅・・・設計は堺の奥野さんです
こちらは、漆喰(タナクリーム仕上げです)

空間や仕上げの違いが、判ってくれたようですが、今回の家は全く違う空間で、その辺を想像してくださいと言っても・・・難しいと思います

最終的には、僕を信じてくださいとしか・・・言えません(3D とかでは、けして判らないと、思います)

今日、設計図書を渡しましたが、予定があるとのことで、詳しい説明は、次回です(萩野)

| | コメント (0)

2013年11月15日 (金)

初めての打合せ

設計事務所を決めようとしているお施主さんの、初の面談でした

クリニックなのですが、敷地形状から、プランが限定されそうです

R0034227

隣に、小さな神社がありました(萩野)

| | コメント (0)

2013年11月14日 (木)

今日も・・・バタバタ

朝から、伊丹市役所の確認の受け取り・・・相談を初めてしたのが去年の四月でずいぶんかかりました
来週から、解体工事が始まります

昼から、生駒のクリニックの、施工業者さんとの初めての打合せ・・・今後の進め方等を話し合いました

その後、和泉のお施主さんに、申請のハンコをもらいに・・・そのあと市役所に、開発の不要願を提出

R0034202

その後、堺の歯科の、解体が終わった敷地の写真を取りに走って・・・(この現場は、数年前に設計した動物病院のすぐ近く・・・先日、現場周辺状況の調査で行ったとき、お断りをして、車を停めさせていただき、先生とも、しばらく、雑談しました

事務所の戻って、先日引き渡した岸和田の物件の追加増減のチェック、枚方の物件の資料送りや何やかや・・・1日が終わりました(萩野)

| | コメント (0)

2013年11月13日 (水)

カトリック伊丹教会・・・管理棟の工事契約

昨年から、携わってきた、管理棟の工事契約にこぎつけました

木造の20坪の平屋・・・聖堂が、50年ほど前の建物で、検査済みを取っていなくて、協議にずいぶんかかりました

また、宗教施設は、信者さんの了承を取ったり、結構手順を踏む必要があります

以前、住宅を設計したお施主さんが、伊丹教会の信者さんで・・・その時、たまたま、司祭館の計画をしていたのですが、納得する案が出なかったとのことで、紹介されて・・・依頼されて話してゆくと、主任司祭が、僕が高校生の頃、高知で参加していた「いばらの冠」と云う、養護施設等で、昼間は草刈りやペンキ無理をして、夜に聖書研究をするという活動で一緒だったことが判りました(一緒に写った当時の写真もありました・・・当時、人見知りで、後ろに隠れていたので・・・)
そして今回、建設会社が、申請を出しての増築は無理だと言う相談を受けて、市役所に協議に行って、道筋を建てて、事前の協議をして・・・何とか、建設にこぎつけました

昨年4月に協議を始めて・・・長かった

R0034172

聖堂の前に建つので、あくまで控えめですが、何十年も使ってほしいので、木材だけは、吉野材を阪口さんに、安く入れてもらいます
(紹介してくれたお施主さんの家は、前の幼稚園の園長さんが、高知の方で、意見が合い、土佐の佐川プレカットさんから入れてもらいましたが・・・)

R0034178

施工者と現場を見て、図面には表現できていたいこと等、打合せをしました(危ないところは、何とかしないといけません)

少し余分に、お金が必要かもしれませんが・・・何とかしてもらいます(萩野)

| | コメント (0)

2013年11月11日 (月)

終わったつもりが・・・

朝、岸和田市役所から、電話あり
福祉のまちづくりの検査済みが下りたとのこと・・・

先月に、強引に開院していたのですが、雨のため、外構ができていなくて、やっと先日、検査がありました

動物病院は、基本的には、この規模では、対象外ですが、岸和田市の場合、行政が、対象としています
そのため、寝屋川では、必要なかった申請が、岸和田では、必要となります
基本的には、通路の状態と、開口部の広さ、そして、トイレの大きさです
トイレも、ペットと入れるように、少し大きくしているのですが、申請が絡むと、厳密になります
NPO福医建で、福祉のことは取り入れているつもりですが、決まり事を守るのは、ミリ単位のこととなります
現実に使えることと、役所の検査・・・何が必要か、悩むところです

受け取り、施主さんに届け、進行中の歯科の申請の流れの打合せで○市へ・・・

○市は、25年くらい前、相当苦しめられた役所で、良い思い出は、ありません
しかし、時代は流れ、建築指導課の対応は、全く違いました
それに気を良くして、開発指導課へ・・・まじめな人なのですが・・・少し、昔を思い出しました・・・勿論、昔のように、傲慢な感じは、全くなかったのですが・・・(萩野)

| | コメント (0)

2013年11月 8日 (金)

阪口製材所・・・案内

これから始まる、カトリック教会の、聖堂の前に建つ管理棟
その工事をする工務店を案内してきました

何十年も使えるように、吉野の材を使います
そのためには、産地を見て、思いを知ってもらう必要があります

R0034168

吉野サロンを見て、説明し、工場も案内しました

この思いを、大工さんにも、きっちり話してほしいものです(萩野)

| | コメント (0)

2013年11月 6日 (水)

解体の進捗状況

朝から、テナントのクリニックの打ち合わせに向かいました
現在の見積りに出している図面の説明と、ソフト及びラン関係の打合せです

細部は、見積もりが出て、総額をつかんでから、コストを考えながら、詰めてゆきます
予算は、大切です

R0034163

その後、別件で、既存建物の解体現場に進捗状況を確認し、役所と協議し、申請提出に向うことになりました
500㎡を超えると、開発申請の対象になる・・・これが、一部の都市部だけに限られることを、初めて知りました

その後、お施主さんに経過報告をして・・・その間に、申請中の物件のことで役所から電話が入り・・・バタバタしたような、何もしていないような・・・(萩野)

| | コメント (0)

2013年11月 3日 (日)

八軒家の海鮮祭

朝は、カトリック教会の管理棟の建設について、評議会で説明し、承認をいただきました
これで、本当の工事準備に入ります

今日は月に一度の八軒家の海鮮祭です

R0034155 R0034156

この日は、打合せがない時は、お寿司を買って、川を見ながら、昼食です
当然・・・生ビール

今日も・・・魚がうまい(萩野)

| | コメント (0)

2013年11月 2日 (土)

計画するときに思うこと・・・

先月末で、岸和田の現場が引渡しでした

その日は、NPOの先輩の還暦祝いの飲み会

昨日は、夕方に、カトリック伊丹教会の確認の本受付
あれこれで、帰りは渋滞・・・

その後、安井設計の佐野さんが中心となった、理科大の建築関係のOB会
大企業の社長や専務や取締役・・・居場所がありません・・・飲んでいると、関係なくなります

その後、先輩の息子さんが、歯科医院開設と云うことで・・・2次会の打合せ

R0034154

今日は、少しゆっくり・・・昼に先輩が持ってきた「赤毛のレドメイン家」を読んでいると、アメリカの探偵が自分の捜査方法を話しているところ・・・僕の設計方法と同じ

自分のひらめきに対し、まず、それを全否定する
ここはこうではいけないのか?
これはこちらではないのか?

そうやって否定し、そうした場合のスケッチを描いて・・・それでも、今のプランが、1番合理的だと判断する・・・自分のしたいことを無理やりプランしているのではない・・・との、安心感みたいなものが、お施主さんのお金を使っているので、どうしても必要になってきます

まだまだ、この探偵さんのように、とことん詰められていないのでしょうが・・・(萩野)

| | コメント (0)

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »