« 気がつくと・・・秋 | トップページ | 今日のランチ »

2013年10月11日 (金)

動物病院の設計について・・・

最近、電話やメールで、動物病院の設計について、問い合わせが来ます
20年ほど前に知り合ったコンサルタント会社のおかげで、これまで動物病院の設計を行う機会が与えられたわけで、その義理もあり、基本的には、友人の設計者を紹介するようにしていました(彼は、医療施設に精通し、動物病院も何件か設計しています)

しかし、最近は、彼自身が、忙しく、キャパを超えてきていますので、そういうわけにもいかなくなってきました

そこで、コンサルさんに事情を説明し、積極的な営業は行わないが、来た仕事は受けますと説明し、快く了承してもらいました

動物病院は、外科も内科も、眼科も・・・すべての科目を見る(最近は心療内科的な治療もある)、総合病院です
そして、来るのは、犬や猫や・・・その他たくさんの動物です
スタッフの方たちは、日々の清掃で大変です

そう考えた時、安易な、装飾的なことはできません
それでいて、待合の雰囲気は、少しでも良くしたい・・・一般診療所と違い、結構ジレンマです

人の動きも、単一的でなく複雑です
そのために、動線が最優先するのかと思います

そこに、更に、先生方の医療スタイルの変化が生じてきました

何を優先するのか、個性が病院の構成を変えます

これからは、今までのような・・・動物病院なら「こう」みたいな提案はできません

まず、当たり前のプランを作って、それをもとに、発展させてゆく・・・そんな設計になりそうです

ただし、残念ながら、テナントの物件探しや土地探しは、それに対するノウハウがなく、周辺状況を読む力がないので、できませんが・・・(萩野)

|

« 気がつくと・・・秋 | トップページ | 今日のランチ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 気がつくと・・・秋 | トップページ | 今日のランチ »