« 配筋検査 | トップページ | 倉敷の「まつかわ動物病院」1年点検 »

2013年2月23日 (土)

住まい手の不安

一昨年の12月に引き渡した住まい手から、不安があるとの連絡があり、見に行きました

この住まい手は、構造計算書まで、隅々見て納得するまで、質疑が来る方で・・・僕では答えられないので、構造事務所の大崎さんにも、お手数をおかけしました

今回、梁のジョイント部に隙間ができて、ちょうど、2階のスミ柱が乗っているところで、そのため梁がたわんできているのでは・・・との、不安でした

施工をした高山さんと、現場に行きました

_0033517

梁のたわみによる隙間としては不自然な気がして・・・他も見てゆくと・・梁の側面が割れている(天然乾燥材故、割れるのは当たり前)

その割れ方向に膨張したことによって、梁が横に逃げて、隙間ができたよう
よく見ると、柱とのジョイントもずれている
念のため水準器を当てて梁のたわみがないことを確認・・・説明をして、やっと安心してもらいました

その後、ヨメさんの実家にメガネを受け取りに・・・お父さんは、職人気質のメガネ屋さんです

_0033522

普通なら、決して買えないような、立派なメガネをいただきました

この年になると、目は疲れやすく、眼鏡に頼ることになります(萩野)

|

« 配筋検査 | トップページ | 倉敷の「まつかわ動物病院」1年点検 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 配筋検査 | トップページ | 倉敷の「まつかわ動物病院」1年点検 »