« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月26日 (金)

「ラーク動物病院」打合せ

竣工が近づいてくると、打合せもハードになってきます
のんびりしていた、うちが悪いのですが・・・
更に、先生がも、いろいろな打合せが入ってきます

ダルトンの形状や、電話の決定等(これは、往々にして、最後の方で決まります)現場に影響することから決めてゆきます

更に、看板が、予定していたものよりグレードが上がって、壁の補強が必要に・・・しかし、位置は決まっていない・・・現場に、この部分の施工を止めてもらいます

年末が近づいてくるので、工期は伸ばしたくありません
先生方も大変ですが、快適な空間のため、協力お願いします

_0032973 _0032975

1・2階は下地工事ですが、3階は、ボードを張り始めています(萩野)

| | コメント (0)

2012年10月25日 (木)

リビング&デザイン2012・・・覗きに

先日の日曜日に続き、あわただしい中、新しいダイビルと国際会議場に走りました

ダイビルでは、天神橋の工務店などのパネルブースもあり、頑張っているのだなー・・・などと、少し溜息でした

国際会議場では、たくさんのブースがあって、これは、待合に使えそうとか、これは、今度の住宅にどうかとか、これは今のうちではとても手が出ないとか、あれこれの1時間でした

受付の列に並んでいると、後ろにに並んだのが、アーキイズムの藤本氏と所員

すぐ近所で、いつの顔を合しているのに、なんという偶然

_0032968

国際会議場は、さすがに駐輪場を作っているのですが、上って下って・・・今のエコブームは想定していなかったようです
今回、初めて、裏から入りました
(この前来たのは、拓郎のコンサートだったような・・・今日は、氷川キヨシ(?)のコンサートでした)

そういえば、30年ほど前、今治市役所の方が、丹下さんに市庁舎を設計してもらっているとき、これぐらいの駐車場では、10年もたたないうちにいっぱいになるよと言われ、実際には5年くらいで、満杯になり、新たな駐車場を作ったそうです

さすが、優れた人は、先が見えています・・・といって、黒川さんが、優れていなかったということではありません・・・5年、10年で、思わぬ方向に進んでゆくのが、世の常です(萩野)

| | コメント (0)

2012年10月24日 (水)

現場に走って、検査機関に走って

昨日夕方、先生から電話が入り、現場のボードが漏水で濡れているとのこと・・・現状確認し、状況次第では張り替えてもらう旨を報告しました

朝一番、メールのチェックをした後、現場に走りました

_0032961_2 

状況から、この辺がぬれたのではと思われるところを、たたいて回りましたが、すっかり乾いていて、どこかわかりません
そこで、病院に行って・・・当然先生は診察中で・・・30分くらい待って、直接話を伺い、再度現場確認・・・しかしよくわからない

結局、現場でボードにビスを打ってもらい、内部まで痛んでいるのか確認してもらい、更に、利害のかからない第3者に確認してもらうことで・・・金曜日に答えを出します
工務店には、外装材の張り替えもあるかもしてないということで、納品や施工の段取りをしてもらいます

監督も、現場すべてを把握しているわけではなく、各職人さんの、気配りにゆだねているところがあります
でも、その対応が悪いと・・・すべてのリスクは、工務店に帰ってきます
(工務店は、大学の同級生ですが、設計者はあくまでも施主の代理・・・きついことをいうことになるかもしれません

その後検査機関に自転車で走る

あれやこれや・・・鉄骨の住宅で、事前審査は、早1ヶ月半
ずいぶん、この道も走ったのですが・・・新しい、おしゃれな外装材の知識は、最近あまりありません・・・そんな、予算のある仕事は…来ない

_0032962

アルミのいものでしょうか?・・・シャープです(萩野)

| | コメント (0)

2012年10月22日 (月)

インテリア

昨日は、午前中仕事をして、午後、本町に走った

_0032957

インテリアのイベントが、大阪所で行われている

喜多俊之さんのマンションリフォームの再現を見てきた

家具やインテリアの作家としての大御所、自分の進め方と全く違うので、なんか・・・
80㎡のマンションをあんなにカッコよくはできない・・・そんな自分に染みついたものをしみじみ感じた

ちなみに、事務所は、すぐ近所、大川添いの安藤忠雄作、堺屋太一の(?)・・・25年ほど前、階段を上って、行けるところまで見てきたビル・・・の1階・・・カッコいい

喜多さんは、とっても気さくな感じで・・・すごくいい
勿論、ほかの人と話していたのを見てのこと・・・(萩野)

| | コメント (0)

2012年10月16日 (火)

中の島に「巨大こけし」

昨日に続き、淀屋橋の検査機関に走った

あわてて確認を出したので、細かいところで食い違いが出て、手伝いの仕事で、実施担当とのコミュニケーション不足・・・途中の変更が、申請に反映していない・・・一度不信感を持たれると、どんどん突っ込まれる

更に、施主に訂正印だらけの申請書は渡したくないので、その都度差し替え・・・うちの仕事で、こんな苦労はしたことがない

_0032956 _0032955

しかし、自転車で走るには、気候は最高・・・途中、中の島で、イベントあり・・・巨大なこけしのバルーン(?)が建っていた
そして、その向こうには、あの懐かしい、巨大アヒルが・・・写真を取りに戻る気力・・・なし(萩野)

| | コメント (0)

2012年10月13日 (土)

「いしづか動物病院 検査リハビリセンター」上棟

カゼのため、少し遅れて、現場に確認に行きました

_0032934

小屋裏を2階として使っている部分の中央の大屋根は、なかなかの迫力です
(大屋根を利用して2階部分を作ることによって、相当コストダウンになっています)
写真ではよくわかりませんが、両側にゆるい勾配の切妻があります

天気も良く、シンプルですが、きれいです

住宅とは違い、内部間仕切り部に、コンクリートの立ち上がりはありません
これは、将来のプラン変更が、なるべく制約なくできるように考えてです
その分、下に、有効な深さの地中梁が入っています

_0032936 _0032948

内部は残念ながら、待合部分を除き、すべて隠れてしまいます
せっかく木造でするので、待合に屋根勾配なりの空間を設けて、化粧梁2本と柱1本を見せています
それでも、木造の感じは少し表現できるのでは・・・

動物病院ということで、将来にわたって清潔に使えるよう・・・意匠的な制約はあります

来年、1月の竣工に向けて、頑張ってもらいます(萩野)

| | コメント (0)

2012年10月12日 (金)

後、2ヶ月弱

寝屋川の「ラーク動物病院」現場は、どんどん進んでいます

昨日は、ついに風邪でダウン…疲れています

しかし、決めなければならないことが山積みです
今日は、電気関係の打合せ・・・電話をどうするか?、ネットはどうするか?・・・コンセントについては、先生とスタッフで話して要望を出してくれているので、明日チェックです

内線をなくして、インカムを採用・・・これは初めてです

現場で、電気屋さんやオゾン脱臭の三協さんと打合せ・・・現場に手直しをお願いすることも出てきました

_0032932

他の仕事にてこずって、現場に迷惑をかけています

つらい・・・(萩野)

| | コメント (0)

2012年10月 9日 (火)

「段差昇降機」のデモ

朝から、検査機構に走りました
新たな資料添付と訂正です
別の検査機関では、エレベーターは、これの確認申請があるので、建築の申請には図面添付は不要でした
設計時点では、メーカーが決まってない時もあります
しかし、申請にはメーカーの図面が必要・・・少しでも安く建てたい・・・との思いとのギャップを感じます

途中、ハービス大阪(?)の屋根が開いていました
多分、ヘリポートがあるのではなかったか?
定期的にテストをしているのでは・・・みたのは3回目です

_0032926

午後から、改修の現場に走りました

車椅子のための段差昇降機のデモの立会です

_0032928

どの位置に設置するのか?

今回は、前面道路から、奥に向かって高低差があるので、設置場所では75センチ以上の昇降が可能な機種に限定されます
また、枚方市のレンタルが可能である必要があります

ケアマネさん、レンタルの福祉器具屋さん、工務店(吉川さんは、福医建研究会の会員です)、お父さん、お母さん、娘さん・・・集まってああでもない、こうでもない
降りたところにある高低差や、雨の時の車の寄り付き、普段の車椅子との位置関係・・・設置したら動かせない・・・というものでもないのですが、各人のこだわりは結構あって、結局、2時間以上かかりました

降りたところが平らであること、なるべくゆるい傾斜のところを移動すること、雨の時の待機と移乗を楽にできること・・・これらが優先されました

家で使う車いすの、もっと楽なものはないかということで、試乗用の車いすも持ってきてくれました
1週間、試してみるようです(萩野)

| | コメント (0)

2012年10月 8日 (月)

秋の月

秋の名月・・・大きな半月

手摺の上に乗せて撮ったのですが・・・当然ボケてます

_0032924

やっと涼しくなってきました
(高知生まれですが、暑いのは苦手です)

大阪市内では、流星はきれいに見えないけれど、さすがに月は、ちゃんと見えます(萩野)

| | コメント (0)

2012年10月 2日 (火)

「ラーク動物病院」現場は、外装と並行して内部へ

先生から、酸素配管の位置を検討したということで、資料をもらいに病院に立ち寄ったつもりが・・・会って話せば、いろいろと打合せをすることが出てきます

先生によって、医療に関する微妙なこだわりが違い、動物病院の設計はたくさんやっていますが、当然気は抜けません

施工側も、動物病院は何軒か経験済みで、気を許すと先先進んでゆきます
(確認をしてくれと言っているのだが・・・手直しするのは自分なのに・・・)

それでも、現場に負担をかけると、ちょっとしたことも有償になってきます
成るべく、現場に無駄なことはさせないようにして、快く、サービス仕事を頼めるように・・・これが、気持ちのいい引き渡しの条件です

_0032917 _0032919

外壁のダークブラウンとシルバーの取り合い、もう少しで、確認できます(萩野)

| | コメント (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »