« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月29日 (土)

「藤田邸跡庭園」彼岸花

昼は、先日もらった300円の割引券を持って、デリスタ8階の回転寿司へ

二人で生ビールまで飲んで・・・4000円近く・・・何をしていることやら

_0032907

今年は遅いような・・・大川添いの庭園に、彼岸花を見に走りました

先日来た時には、夏の雑草が生い茂っていたのですが、きれいに刈られていました

ところが、彼岸花も、一緒にたくさん刈り取られたようです
きっちりとした説明なしに、頼んだようで・・・

_0032913

ところが、たくましいもので、たくさんの芽が、追いつこうと必死に成長を続けています

これも、経費削減の影響でしょうか?(萩野)

| | コメント (0)

2012年9月27日 (木)

秋の気配・・・界隈

朝、一番で、淀屋橋の検査機関に自転車で走りました
平均地盤の算定方法についての意見書きがあり、建物の根本的なことなので、協議に行きました

基本設計の時に、2回も確認に行っているのに・・・あせります
行った、言わないは、こうなると関係ありません

会って話してみると、すんなり・・という感じで、やはり電話では、なかなか伝わりません
ましてや、メールなど、もってのほかです

_0032902

帰りは、気分も晴れて、別ルートで・・・こちらの方が、走りやすかったのかも・・・

まだまだ暑いですが、秋空に、きれいです(萩野)

| | コメント (0)

2012年9月26日 (水)

色々と・・・悩みます

モデル住宅のプラン作成
先方が、必要としている意図が確実に判っているわけではない・・・さっそくラフを持って打ち合わせ

住宅のプランでは、文章やスケッチで思いを伝えられ・・・そのままでは当然納まらないので、あれこれ、スケッチを描いて

遠方の住宅は、概算を手伝ってくれている工務店と(入札になるのは了解済み)思いのほか高くなっている見積りについて、鹿児島ではこんな金額、京都の日本海側ではこんな金額、倉敷ではこんな金額・・・資料を作ってあれこれ・・・真剣に検討してくれているのが、うれしいのだが・・・

_0032901

そんな状態で、岸和田に打ち合わせに行くと・・・明日ですよ
ちゃんと手帳に付けているのだが、そもそも、その時点で、誤記

何をやっているのやら・・・帰りは、渋滞(萩野)

| | コメント (0)

2012年9月24日 (月)

カトリック伊丹教会司祭館

相談があり、昨日、ミサの後での打ち合わせに参加しました
建物の維持や、今後の在り方など、難しい話です

_0032878

もう、3年近くになりますが、設計した司祭館

植栽も茂ってきて、落ち着いてきています(萩野)

| | コメント (0)

2012年9月21日 (金)

「ラーク動物病院」現場打合せと施主打合せ

今日は、床暖房を施工してくれる、名古屋のタフさんが現場に来られ、確認でした
土間下に仕込む暖房があるので、津名動物病院に続いての施工です

外壁のガルステージも貼り始めています
下端見切りの色が、アイボリーがないということで、玄関庇の面材に合わせて、シルバーにすることに・・・

_0032877

その後、副院長と、細部の打合せ・・・あれこれ希望を聞いて、お金がかからないように、施工者と話し合いです(萩野)

| | コメント (0)

2012年9月20日 (木)

「鷺と雪」北村薫

例によって、先輩が読み終えた本を大量に持ってきた
(前にも云ったのだが、先輩は京都から通っていて、時間はたっぷりある)

_0032869

今回は、北村薫作のシリーズ

大戦前の、女学校のお嬢さんが主役

女学校といっても、今の女子高とは、全く違う、超お金持ちで、由緒正しき人たちの学校
華族や伯爵、元大名の家、大財閥などの娘さんの生活は・・・まったく理解不能

その日常の中で起こる、ちょっとした出来事を、女学生と、彼女のお抱え運転手のベッキーさんが、なぞ解きをしてゆく

中々・・・新鮮

昨日から、いろいろな災厄が降ってきて、気晴らしもできないのだが・・・(萩野)

| | コメント (0)

2012年9月19日 (水)

現場確認

確認が下りて、急きょ動き始めた岸和田の現場

打合せの途中で、配筋前の現場をのぞきました

_0032865

基礎下の断熱材も用意されています
施工は、丁寧にされているのですが・・・しかし、何かおかしい
木造でも、住宅と違うと、感覚が違います

現場と話して、少しお金はかかりますが、適切に対処してもらうことになりました
こんな時は…寄ってよかった・・・そんな感じです(萩野)

| | コメント (0)

2012年9月17日 (月)

現場が遠いと打合せは密に・・・

昨日は、静岡まで住宅の打合せでした
さすがに、車ではいけません

電車の移動は、本を読んだり、景色を見たり、プランをしたり・・・時間が使えます
帰りは・・・ビールを飲んだり
ただ、荷物が重いので、乗り換えは疲れます

毎週行くわけにもいかず、行くと、5時間の打合せ・・・集中力的には、少しつらい

_0032857

浜松を過ぎると、お茶畑が見えてきます(萩野)

| | コメント (0)

2012年9月15日 (土)

設計者の仕事を手伝うと・・・

ずっと自分の事務所の仕事をしていると気づかないことがあるかもしれません

ひょんなことから、初めての事務所の仕事を手伝っています
(そんな時間はないのですが・・・後輩の事務所が、ほとんどの図面を描いています・・・もちろん一緒に打ち合わせに行ってますし、そのことは了解済みです・・・高低差もあって、ややこしい住宅で、基本のチェックを、やってます・・・納まりのスケッチを描いて、外部のヨウ壁の納まりを詰めて・・・建物との取り合いを詰めてゆきます)

ちょうど、一回りくらい上の方で、相当な仕事をこなしてきています
今回の住宅も、うちとはコストが違います
(以前勤めていた、柳井所長も同い年くらいですが、あの頃の人は、相当、こだわります)

今、やっている仕事では、コストのために、細かいこだわりを切り捨ててでも、可能な限れ、要望にこたえられるように努めていますが・・・果たして、それでいいのか?

基本に立ち返ることになります

果たしてそのこだわりが、住まい手が、望んでいるのか?・・・そこに、お金をかけてもいいのか?

結局、答えは出ません

・・・とはいえ、事務所の仕事の手は抜けません

現場は進んでいます

以前した仕事の、いろんなことが、出てきます

計画も・・・手こずりながら、進めます
(今夜、ちょと、いい感じのスケッチができたような気がします)

明日は、設計中の住宅の打合せで、出張です

相変わらず、休めません・・・小説を読みながら・・・眠りたい(萩野)

| | コメント (0)

2012年9月11日 (火)

現場と現調

今日は、「ラーク動物病院」の現場に寄ってきました
立ち上りコンクリートと床のコンクリートの打設確認です
これから床暖房も含めて、レベル調整を行います

_0032832

_0032842

その後、交野のテナントの現調に行きました
表層から見て、耐震補強も含め、プランを考えます(萩野)

| | コメント (0)

2012年9月10日 (月)

ヴェネツィア展・・・京都

京都文化博物館に行ってきました
京都は、古い建物を、きっちり活用しています
大阪は・・・?

_0032825

ヴェネツィアの歴史を見るためというより、体は休息を求めているのだけど、仕事ばかりでは、考えもマンネリ化してきます

想像していた展示と違ったようですが、その後、何とかという近くの施設で、散策してきました

疲れましたが、ある意味リフレッシュできたのでは・・・(萩野)

| | コメント (0)

2012年9月 6日 (木)

「まつかわ動物病院」手直し

昨年、12月に竣工した倉敷の「まつかわ動物病院」、1階と2階につながるキャットルームで問題発生

倉敷に向かいました・・・現場のときと違って、荷物もないので、新幹線です

_0032810

途中、穏やかな景色を見ることもできました

現場で、不安だった猫ステップの落下
大変な迷惑をかけてしまいましたので、現場で打ち合わせ

せっかく直してもらうので、使ってみて感じたことを聞いて、よりよいものに直してもらいます
(勿論、無償)
補強をきっちりしてもらって、納まりもきれいにしてもらって・・・とにかく、お詫びの気持ちを表します

_0032814 _0032824

下でも、上でも・・・猫に監視されています

1年点検でと思っていたクロスのすきや、取り付けの甘いところも、直してもらいます
(勿論無償)

その他に、新たな要望もあり、それは有償ですが・・・なるべく安く

工務店と・・・交渉です

住宅のリビングで、コーヒーをごちそうになって・・・家具が入って、すっかり、住まいになっていて、本当は、この写真を見てほしい・・・(萩野)

| | コメント (0)

2012年9月 4日 (火)

「ラーク動物病院」鉄骨検査

先日、地中梁の配筋検査がありましたが、今日は鉄骨の検査でした

骨組みや外壁の胴縁が上がり、建物のシルエットが出来上がりました

_0032797

これから、屋根を葺き、デッキコンクリートを打って、外壁の仕舞を行ってゆきます

_0032790

3階の多目的室は、搬入のため一部手摺の下地がありませんが、出来上がると、向かいの家を気にすることなく使える空間となります・・・これは、お互いのためになるはずです(萩野)

| | コメント (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »