« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月31日 (水)

倉敷「まつかわ動物病院」シルエット確認

サッシュの形状、大きさなどの確認に倉敷に走りました

その後、現場でサッシュ屋さんと一つ一つ形状と寸法の再確認、さらに追加の要望を伝えました

_0030349 _0030364

母屋もかかって、外観シルエットが見えてきました
イメージしていたより・・・大きい
かなりのの迫力です(萩野)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月29日 (月)

完了検査「八木の家」

工期を短縮してコストを下げるために、シンプルなディティールにするというコンセプトでしたが、けして榊本さんを責められない理由で今までかかってしまいました

本体に関しては、特に問題なく、橿原市役所の検査が終わりました
ただ、母屋の検査済みをとっていないので(某ハウスメーカー)、その対応が残っています
前面道路の中心後退がされていない
今回、役所の方も親切で…資料を用意してくれて・・・最終的には答えが出て、住まい手も納得してくれて、無事解決しました(論理的な解釈をしてくれる住まい手は・・・ありがたいです)

写真は少し暗いのですが・・・少し

_0030335 _0030334 _0030340 _0030343

メールボックスは、受け口だけの、いつものスタイルです
榊本さんが、テーパーをつけてくれて・・・(萩野)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月27日 (土)

倉敷「まつかわ動物病院」の建て方

昨日から、鉄骨の建て方が始まっています
天候にも恵まれ、順調に進んでいるようです
今日は全景が確認できませんでしたが(束を立てて母屋がかからないと…)来週、、サッシュの打ち合わせに行ったときには、建物のシルエットが見れそうです(萩野)

_0030309

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月26日 (金)

「八木の家」検査前のチェック

吉野杉を使って、シンプルな納まりでコストを抑えて・・・平屋はそれでも結構かかりますが・・・そのコンセプトが形になりました

田原本で、住まい手と職人さんたちと、現場で食事して、その後打合せ・・・5時ごろ八木の現場に向かいました

監督で大工の榊本さんと、あれこれ話して、今後考えていかねばならないことはないか・・・現場を回りました

_0030293

母屋とのつながりのためできた廊下とそれに続く和室の障子、それを抜けると勾配天井のあるゆったりしたLDKが広がります

_0030294 _0030301

和室と廊下に続く建具は、閉まっているときは普通に見えますが、開けると、廊下の建具が和室の建具の奥まで引き込まれます
これは、開放時を基本として考えた結果です

_0030303 _0030298 _0030287

ただ、冷暖房の必要な時期に、廊下から入ってくるときに指を挟まないよう、取り外しのできる戸当たりを、榊本さんに考えてもらって、住まい手にプレゼントしてもらうようお願いしています(どんな答えが出るか楽しみです)

少し暗くなり始め・・・電気をつけて、外観を眺めながら話していると、奥さんがやってきて、また中に入ってあれこれ・・・また外で話しているとご主人が帰ってきて、また外観を眺めながら・・・おかげで、いい夜景が見れました

気がつくと、7時になっていました(萩野)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月22日 (月)

「八木の家」から「田原本の家」へ

近いので、どちらかの現場へ行く時には、ついつい両方に行ってしまいます

今日は、「田原本の家」の上棟でしたが、15分ほど、「八木の家」に寄りました

来週には、完了検査なので、最後の確認も兼ねて・・・洗い屋さんが作業中でした

やっと仕上げも終わり、意図していた、シンプルな内観に、木と漆喰、和紙のコントラストがきれいです
建具が入ると、ぐっと空間が締まるはずです
(小さな床の間の和紙は、住まい手が選んだアクセントカラーです)

_0030239_2 _0030245

その後、田原本へ・・・

小雨の心配もあったのですが幸いにも・・・で、合板を張った2階建て部分も、きっちり出来上がりました

_0030257

住まい手と外で、中で話し込んで・・・気がつくと、垂木を張ったシルエットは(見てはいたのですが)、すっかり養生されていました(萩野)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月20日 (土)

一つの山場

「茨木の家」の工事が進んでいます

解体工事も、佳境に入っています
リビングの上のルーフテラス・・・防水も心配な状態・・・コストや内部空間も考え、屋根をかけて、勾配天井に変えることに・・・
コンクリートを割って、デッキプレートの溶接を外して、一枚ずつ外して・・・残念ながら、写真を撮ったときには、すでに足場用の合板が張られ、空間の確認はできませんでしたが・・・

_0030219 _0030223

2回の増築を経ていますので、構造的な補強も必要です
仲間の中村氏に検討してもらい、新たな耐震壁の下に基礎を作って・・・今月中は、こんな地味な工事が続きます(萩野)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月18日 (木)

「久しぶりの梅田」

秋に行われる、東京理科大学の同窓会の、近畿2府4県の合同総会の準備の打合せで、梅田に走りました・・・自転車を降りると・・・暑い

_0030211

80名ほどの集まりを予定しています
こんなにたくさんの卒業生がいるのに・・・さびしいことです

思うに、理科系の人は、就職すると、技術の吸収のために多くの時間を使います
さらに、出世など意識することもあまりありません
・・・ということで、こういう集まりの意義を感じるのは、ある程度の年になってからなのかもしれません
・・・ということで、若い人たちが来てくれません

しかし、これからは、広い他業種の知識が必要になってくるのですが・・・そのためによいと思える活動にするには、どうしたらいいのか・・・?

とにかく・・・大変です(萩野)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月12日 (金)

「八木の家」内装工事追い込み

お盆前の現場の確認に行ってきました

_0030192

和室の壁と天井の、土佐和紙を張っています
和紙は、ビニルクロスと違って、ジョイント部を重ね張りにします
それが、ほんの少し陰影をつけてくれて、和室の落ち着きを感じさせてくれます
その他の部分のローラー漆喰塗と、あえて濃淡をあまり付けていません
一つには、和室に続く家族室と、一体に使う場合は、自然な感じになるようにあまり変化をつけないようにしています(個室としての和室の場合は、少し思いきって・・・)
また、今回は、廊下との間に障子が入るので、そこで光が少し落ちるのを計算しています(多分)
小さな床の間は、住まい手が選んだ、アクセントカラーの和紙がはられます
ここの色を変えたので、きゅっと締まって見えるはずです

_0030195 _0030205

今回は、「吉野スタイル」フラットのコンセプト通り、納まりをシンプルにして、無駄なコストをかけないようにしています
それでも、木の質感の持つ力で、十分気持ちよい空間になると思います

来月、17日、18日、19日と見学会を行います
ぜひ、「吉野スタイル」の空間を見て、感じてください(萩野)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月11日 (木)

倉敷「まつかわ動物病院」の配筋検査

お盆前に倉敷に走りました(・・・のつもりが、分散で、渋滞が始まっていました)

まず。先生と、1階の埋設配管の確認を行いました
これは、上棟後、土間配筋するためです

_0030175

現場では、お盆明けのコンクリート打設のための型枠工事が行われていました
配筋をチェックするだけで汗が滴ります(萩野)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 6日 (土)

「茨木の家」耐震補強の確認

昨日から解体工事が始まり、状況確認に行ってきました

耐震診断、耐震補強に走りまわっている、中村氏も同行してもらい・・・やはり、今ではけして行わないようなことが・・・よくあることと、中村氏は涼しい顔ですが・・・現場の職人さんたちと補強方法を確認、何とか納得できました

_0030160 _0030162

2回の増築を経てきた建物で、構造材の色の違いは、時間の違いからでしょうか?

ぐっと広くなりましたが、さらに、防水の不安だったスラブをとって、勾配屋根を載せて・・・空間の変化をみるのが楽しみです(萩野)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 4日 (木)

「八木の家」もうすぐ、大工工事も終わり・・・

将来の終の棲家(今は、離れとして利用)の工事も、仕上げ工事に入ろうとしています

_0030152

床も貼られ、巾木を付ければ、後は、ローラー漆喰の下地のコバウ貼りに入ります
今は、プラスターボードのアイボリーとで、なんだかぼんやりしていますが、壁が漆喰で白くなると、杉との対比が、くっきりしてきます

_0030154 _0030155

それにしても、図示していない、壁の下地補強のベニヤが多いこと・・・
こんなに入れたら、ずいぶんお金がかかったのかと・・・心配になります(萩野)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 3日 (水)

脇町・・・うだつの町

道後温泉を離れ、徳島の脇町の街並みを見学してきました
阿波池田のうだつ(大学時代、妻籠宿の町並みを、建築史のレポートのため訪ねた時は、うだちと書かれていましたが・・・)は、以前見てきましたが、脇町は初めてでした
自然な感じで、保存されていますが、どの建物も、今も住まいとして使われています

_0030103 _0030121

暑さに負けて、バナナシェイクをいただいた喫茶店も、昔の建物を、うまく利用しています

_0030122

その後、近くにあった、「土柱」を見てきました
世界的にも珍しい地形のようです(萩野)

_0030138

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 1日 (月)

「道後温泉 本館」見学

「ほんぐう動物病院」見学会に行った後、道後温泉まで足をのばしました
(お盆休みも、どこにも行けそうもないので、ヨメさんには、初めての松山でした
僕にしても、あわただしかった前回の入浴では、ほとんどじっくり見ることができなかったので…始めてみたいな感じです)

旅館に荷物をおいて、入浴セットを持って・・・まず、外を一周して・・・暑い
温泉という、湿気の塊みたいな建物が、木造でよく持っているものです

_0030066 _0030078

300円余分に払って、3階まで見学しました

3階の角部屋は、風が抜けます

入浴が済んで、向かいのすし屋で近海の魚を食べていると、外が騒がしい
目の前で、夏休みなのか、和太鼓のイベントが始まり・・・しばし、店を出て、見学しました

_0030081

翌日、お土産を買って(砥部焼のお皿・・・先日、一つ割ってしまったので・・・でも買ったのは、割ったものとは全く違う用途・・・白地にかわいらしい絵付けがされていました)、道後温泉駅前の、ぼっちゃん時計を見て・・・上に上にスライドして、写真、何回も取り直しでした

_0030095

訳あり、早々に松山を後にしました(萩野)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »