« 「茨木の家」現況調査 | トップページ | ドラゴンボートレース・・・大川 »

2011年7月16日 (土)

「住居改善と住宅改造」福医建研究会 例会

NPO法人福医建研究会の例会が大手門学院、大阪城スクエアでありました

今回は、関西大学、馬場先生のお話でした

R0029830

なぜ、住居改善を始めたのか?・・・福医建研究会の起源のようなことから始まり・・・事例紹介もあり、再確認でした

住宅改造とはあくまで機能的な対応ですが、部分的な対応では、その人の生活を変えることはできません
簡単にいえば、生活の行為を考え、その人のために何をすればいいのか?・・・難しい・・・を提案していくことが重要だということです

そのためには、日常の動作確認が欠かせません
(それも建築だけではなく、福祉、医療との連携が欠かせないのです)

大変ですが、できることからやってゆくしか・・・

R0029833

窓から、日頃と違う角度からの大阪城を眺めました(萩野)

|

« 「茨木の家」現況調査 | トップページ | ドラゴンボートレース・・・大川 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「住居改善と住宅改造」福医建研究会 例会:

« 「茨木の家」現況調査 | トップページ | ドラゴンボートレース・・・大川 »