« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月28日 (火)

2010年も終わりです

今年は、本当にいろんなことがありました

大阪の景気は…最悪

仕事は、なかなかうまく進まず

そして、夏には父が亡くなりました

1か月近く伸ばした無精ひげ(ちょろちょろ)を大みそかに剃って、新しい年を迎えたいと思います(厄払い)

新年から、新しい仕事が始まり・・・そうです(萩野)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月21日 (火)

視界 不良

昨日、萩市の現場に向かう山越え道でも、すごい霧だったのですが、今朝起きると、ほとんど景色が見えません
こんな感じが、たまにあります
昨日、急に暖かくなったからでしょうか?

R0022264

新聞を読みながらご飯を食べて・・・少しずつ、回復してきました(萩野)

R0022265

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月20日 (月)

山口県萩市の現場へ

今、動物病院の現場が、萩市で進んでいます

開院は、3月の予定ですが、2月初めには、建築工事は終わりそうです

萩は、今回が、3度目(この仕事では、もう3回来ていますが・・・)です
はじめは、親との家族旅行・・・萩、津和野の旅でした
2度目は、数年前、ヨメさんのデザインした、ハンドホールがの蓋が実現したものを見に来たついでに、萩焼の花器を買いに、レンタカーで走りました
高杉新作の生家も、見てきました
今回も、6:05のレールスターで、新山口からレンタカーで、打合せを3時間ほど行って、18:00前に事務所に戻ってきます
4:00過ぎに起きると、しばらく生活のサイクルが、崩れます
R0022262

現場は、順調に、進んでいます
先生たちはすごく良い人たちで・・・そんな時は、もっと頑張らねば・・・と、思います(萩野)

R0022263

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月18日 (土)

役所が絡むと・・・ややこしい

今年から始まった、補助金事業の申請に関する打合せが、NPO福医建研究会でありました

お金を出してくれるのは、当事者の方たちには、うれしいことだと思います
しかし、登録から申請まで、関わる人は大変です
対象ごとに、見積りを作って、分けることが難しい工事も、項目ごとに分割して・・・そして、工事によらず設計料は一律です
(設計の仕事が、どういうものなのか、現場を知らない人が作る基準は・・・)

ただ、当事者の方たちが暮らしやすくなればそれだけ・・・でも、これではこちらが生きていけません

とにかく、このシステムが軌道に乗って、少しでも改善さてて行くのを、待ちましょう

途中、天神橋の上から、中の島の噴水です
明るい時に見るのは・・・久しぶりです(萩野)
R0022240

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月13日 (月)

天満橋界隈 ロボットとイルミネーション


昨日の買い物の途中で・・・

年末になって、いろいろなイベントが始まっています

天満橋キャッスルホテル、大川側の外壁に梯子が組まれ、ロボットが上り下りしています
寒い中立ち止まって、しばらく眺めていました

R0022222

天神橋西側の中の島では、龍とその波(らしい)のイルミネーションができています
普段は、この時間人のいないところが、イベントのときだけ賑わっています
本当は、普段から、ちょっと通り抜けてほしいところですが・・・日常に、余裕がないのでしょう(萩野)

R0022226

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 9日 (木)

障害者の作業所では・・・

堺の障害者のための、就労支援・介護施設に行ってきました

朝に施設を訪ねると、みんなが元気にあいさつしてくれて、活気があります
(部外者なので、緊張してしまいます)

80人の利用者と50人のスタッフが忙しく動き回っています
スタッフはみんな機敏で、おのずと扉の開閉も・・・はげしい
そのためレールは変形して、とてもスムーズには動かず、開け閉めの度に悲鳴を発します
ここには、住宅のような繊細なハンガードアは、逆に不向きなようです
見た目よりも、強度が要求されます
こんなことは、利用状況を見ないと、決して判りません
R0022191

10数年経っているということで、これから、当面の不都合と、使いやすくするための改修と、優先順位をつけて、少しずつやっていかなければならないのでしょう(萩野)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 6日 (月)

今週も美術館へ

先週に続き、今週は兵庫県立美術館に行ってきました

R0022183

先週も、尼崎の現場の打ち合わせや、新しく始まった国交省のバリアフリー改修の補助金申請やら、平屋の(将来の)終の住まいの業者見積もりの説明やら、あわただしく過ぎて、日曜日、これまたハードな、美術館見学でした

印象派前から始まり、バウハウスのころの時代まで・・・

いきなり、大好きなコローの1枚から始まりました(本当は2枚目か3枚目だったかもしれませんが・・・)

後半は、知らない作家が多かったのですが、興味深い作品も多数あって・・・コルビジェの絵画も1枚ありました・・・びっくり

そういえば、先週行った、芦屋美術館の2階ホールに、コルビジェのソファーがありました(萩野)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »