« 「美術館 博物館 建築を描く」JARA建築パース2010展 | トップページ | 吉野CUBE 構造見学会 »

2010年10月17日 (日)

出入り口の段差

「快居の会」の相談業務で、マンションの改修の相談に行ってきました
築7年の新しい福祉対応のマンションです

しかし、出入り口の沓摺りは、2mm程度の大きな面がとられています
段差は3mmくらいあります
廊下から90度に曲がり入ろうとすると、車いすの前輪がこの段差に取られます
一般の住宅では、床の浮陸を目立たないようにするために、こういう納まりになりますが、これが問題になるのです
バリアフリーの改修では、障害によっては、見た目よりも大事にしなければならないことがあるのです
こんなことは、たぶん、普通の設計者では、決して知ることのないことだと思います(萩野)

R0021893

|

« 「美術館 博物館 建築を描く」JARA建築パース2010展 | トップページ | 吉野CUBE 構造見学会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 出入り口の段差:

« 「美術館 博物館 建築を描く」JARA建築パース2010展 | トップページ | 吉野CUBE 構造見学会 »