« ギャラリー寸草庵の個展 | トップページ | 岡山県「阿波(あば)と津山城東むかし町」バスツアー その1 »

2009年11月 9日 (月)

吉野の杜ネットワークのバスツアー

11回目となる(多分)吉野を知り、山を知るバスツアーが今年も行われました
家づくりとは…大量に生産されるものではないということを漠然と感じている人たちのための見学会です

まず、吉野の杉樽を使ったしょうゆやみそ造りを続けている「梅谷醸造元」さんの見学です
説明も手慣れたもので、細かい説明で、熱い思いが伝わってきました
100年以上使われている樽は、さすが吉野杉です
R0020285

そのあと、山に登って、山守の中井さんから、木を育てることの大変さを聞きました
手を入れないと、いい木は育ちませんが、現状は・・・
でも、器は、1度作ればやりなおしは大変です
キッチンやお風呂はいずれ取替えの時がきます
そう考えると、ほんの少し、良い材を使って建てることがどんなに大切なことかわかります
作っては壊す時代は、終わりました
R0020322

吉野に戻って、阪口さんの自宅のリフォームを見学し、そんなにお金をかけなくても本物の材を使えば、いい空間はできるのだということを実感してもらいました
そして恒例の、焼き芋・・・今年はいつも以上に甘かったそうな
モデルハウス的に、木を体験できる建物も、春の竣工に向けて工事が進んでいます

最後に工場で、材に対する熱い思いを阪口さんから聞き、今年のバスツアーは終了です
随分、遅くなりました(萩野)

R0020325R0020331 R0020330

|

« ギャラリー寸草庵の個展 | トップページ | 岡山県「阿波(あば)と津山城東むかし町」バスツアー その1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 吉野の杜ネットワークのバスツアー:

« ギャラリー寸草庵の個展 | トップページ | 岡山県「阿波(あば)と津山城東むかし町」バスツアー その1 »