« 木の産地の見学会のお知らせ | トップページ | 浴室の改修 その後 »

2009年8月17日 (月)

兵庫県立美術館

このお盆休みは、遠出はしませんでした
3日間、近場をうろうろしました(結構疲れた)
日曜日は、少し打ち合わせはありましたが、ほぼ全休です

R0019562 2日目は(よめさんの希望で)兵庫県立美術館です
「躍動する魂のきらめきー日本の表現主義」展です

明治になって海外の文化が入ってきて、その中で新しい試みにチャレンジしてきた、たくさんの人たちの戦いを見ることができました
絵画をはじめ、今で言うグラフィックデザイン、写真まで・・・
建築の作品もたくさんありました
その中に、村野籐吾の作品もあり、僕たちの世代がその最後のときを、リアルタイムで見ることができたのだと知り、今までと違う感慨を得ることができました
(いつもながら、行動の起爆剤となってくれる、よめさんに感謝です)

R0019568 建物は、安藤忠雄作、海に向かって、パキッと向き合っています

帰りに、近くの温泉施設によって歩きすぎた足を癒し、三宮で「ひょうたん」の餃子を食べて、最後は「ソネ」でジャズを聴きながらバーボン

ミニツアーでした(萩野)

|

« 木の産地の見学会のお知らせ | トップページ | 浴室の改修 その後 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 兵庫県立美術館:

« 木の産地の見学会のお知らせ | トップページ | 浴室の改修 その後 »