« 京都の「オオジ動物病院」の配筋検査です | トップページ | ギャラリー ヘイ・オン・ワイで寄席 »

2008年12月13日 (土)

文章を書くということ

必要に駆られ、設計した家について、文章を書いています

読むのは好きなのですが、書くとなると、まったくダメです

大学時代、一度挑戦して、自分の才能に、愕然としたことを思い出します

自分の、建築に関する思いが、如何に整理されたものでないのか、よく判ります

でも、この自信を持って語れない、混沌とした感じが、自分らしいのかもしれません(萩野)

|

« 京都の「オオジ動物病院」の配筋検査です | トップページ | ギャラリー ヘイ・オン・ワイで寄席 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 文章を書くということ:

« 京都の「オオジ動物病院」の配筋検査です | トップページ | ギャラリー ヘイ・オン・ワイで寄席 »