« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月28日 (金)

「津名の家」の現地確認

設計も詰めの段階に入り、共同設計の中村事務所と現地確認に・・・
僕以外は、初めての現地です
工事に影響がないのであればということで、市のほうに貸している進入路ができていて・・・あれ?
元の地主さんにあって、あれこれ話して・・・
雨上がりで、車は、どろどろです(萩野)R0017448
R0017453

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月27日 (木)

安藤忠雄 舞子の家

打合せで、明石に向かいました
線路際に、安藤忠雄作の住宅が、海を背景に見えます

R0017445 行きは、垂水で、昔住んでいた頃、たまに連れて行ってもらった寿司屋「増田屋」(昔行っていたのは、もう少し山手にあった)・・・すごく安かった・・・が見えて、昔に思いをはせている間に、通り過ぎてしまい、写真には端のほうしか写っていません
R0017446 帰りは、変な目で見られながらも、わざわざドアのところまで行ってカメラを構えていたのですが・・・何故かシャッターを押し違えてしまい、遠い風景になってしましました

下りて見に行かないのが、いかにも僕らしい

これから設計が始まり、何度も通うので、きっといい写真が撮れるでしょう・・・多分(萩野)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月25日 (火)

堪庵と三十三間堂

京都国立博物館の敷地内にある堪庵で、煎茶と、お花と、絵画のイベントがありました
(お花は嫁の先生の作です)
雨の京都は、底冷えでしたが、中々の風情がありましたR0017364
R0017365
堪庵は、落ち着いた茶室で、スケールが、現代と比して、一回り小さく、非日常的で、忘れていた何かを感じさせてくれるようです
もみじの紅葉も始まって、外から建物を見るのではなく、そこに住む人が、中から景色を楽しむのだと、再認識させられた気がします
R0017366 R0017370 R0017389 R0017391 R0017396

R0017406
たびたび京都を訪れているのですが、有名なところはあまり行きませんでしたので、三十三間堂も、初めてでした
1001対の像は、圧巻で、その前には、言葉もなくたたずむしかありません

R0017414 通し矢は、ここで行われたのか・・・ずいぶん遠い(萩野)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月23日 (日)

ディリパのイベントが終わりました

R0017356 設計者、7人によるパネル展と相談会を1週間行ってきましたが、今日で終わりです
見に来てくれたたくさんの人たち、ありがとうございました

家を建てたいと思っている人、リフォームしたいと思っている人、様々な思いがあるのだと思います
厳しいとき、中々行動を起こすことは難しいとは思いますが・・・

我々の誰かが、家づくりを一緒にすることができれば・・・と思います(萩野)
R0017359

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月21日 (金)

大川添い、桜の紅葉です

桜が、きれいに紅葉しています
今朝は、曇っていたのですが、そんなぼんやりした風景も、中々いい感じです(萩野)R0017338R0017343

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月18日 (火)

ディリパのパネル展と相談会が始まりました

R0017337081117_2 各自、個性のあるブースです

女性の方が、潮崎さんと、熱心に話しています(萩野)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月16日 (日)

万博公園「ディリパ」でイベントです

昼から、彩都のKJワークスの「住まいの学校」で、コラボ「くらし@棲家」の紹介があり、「宝塚の家」の設計からの流れを写真を見ながら説明しました
前もそうだったのですが、大勢の前で話すのはニガテです
一対一で、顔を見ながら話すのは、いくらでも話せるのですが・・・
伝えたかったこと、判ってもらえたでしょうか?

R0017325 その後、途中で抜けさせてもらって、ディリパのイベントの設営です
「建築家と創ろう!住まいの豊かさ」のパネル展と相談会が明日、月曜日から、水曜日を除き日曜日まで、13:00から行われます
僕のほうでは、今年も、高山工務店の協力で、阪口製材所提供の、木のキッズコーナーを造ってもらいました
木のぬくもりに触れてもらいたいと思います
毎日、誰かつめていますので、よろしければお立ち寄りください(萩野)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月15日 (土)

阿波池田から奥祖谷へ

日興トラベルの2日間のバスツアーに参加しました
阿波池田は専売公社ができるまで、きざみタバコの商いで栄えた町です
うだつの町では、脇町が有名ですが、日興さんはそれははずします
観光化されず、自然のままに残されています
高校野球の蔦監督の家も大きな商家で、写真を撮っているとおばあさんが出てきて、あれこれ説明してくれました
年齢的には、奥さんかも・・・
火災には気を使っていたようで、古い防火用ポンプが祭られていましたR0017150
R0017156
R0017174 R0017194
その後、奥祖谷に向かいました
祖谷のかずら橋は有名ですが、ここでもそこにはいかず、奥祖谷の二重かずら橋の見学です

R0017231 途中で立ち寄った「かかしの里」
なんともリアル(?)な等身大のかかしが、それぞれのストーリーを持って、そこかしこにいます
綾野さんと言う人(とても気さくな人でした)が、工房を作ってやっています
全国から、古着等が送られてくるそうです
おばあさんが、縁側で、かかしの間に座って、あれこれ話してくれました
(帰りのバスから畑が見えて、その中に2人本当のおばあさんがいましたが、動かない限り、ぜんぜんわかりません)
R0017246 R0017238
R0017266 二重かずら橋は、足元が透けていて、男橋のほうは相当怖かった
僕には、限界を超えていたのですが、参加したお年寄りたちがわたってゆくので、後には引けません(高さがあまりないのが幸いしました)
谷に渡された橋は、適度なスケールで、ここで営まれてきた暮らしを感じさせてくれます
紅葉は、もう少しでしたが、林産地の自然とは、また違った自然を満喫しました(萩野)
R0017273 R0017292

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月12日 (水)

「オオジ動物病院」の地鎮祭です

R0017101 業者さんも決まり、地鎮祭を行いました
年配の神主さんで、ゆっくり丁寧です

その後、現場で模型を見てもらいました
少しは、イメージがつかめたでしょうか?

これから構造のつめを行い、その後から、少しずつ、先生方との打合せが始まります

来春の竣工に向けて、スタートです(萩野)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月10日 (月)

家創りのバスツアー(吉野の杜)

「吉野の杜ネットワーク」のバスツアーです
R0017023 今年は、今井町の江戸時代の街並みの見学です
古い家に息づく、木の美しさを感じてもらえたと思います
この木が、昔、吉野から切り出されたのかも知れません
R0017040 阪口製材所の五條工場で、その元となったであろう材の見学です
材まで選ぶことができる家造りの楽しさを、充分判ってもらえたのだと思います
R0017055 手作りのご飯や、つきたてのお餅を食べて、恒例の植樹は、今年はもみじでした
R0017065 来年も、多くの人に、知ってもらいたいと思います(萩野)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 8日 (土)

200年もつ家

R0017006 設計仲間「眀月社」の山岸さんから誘われ、家作りのイベントを見てきました
たくさんの人が集まって、1日、勉強をしています
国が唱える、根拠のない「200年住宅」ではなく、本当に200年もつ家を創ろうという活動です
熱く、各自のこだわりについて語っていました
みんな、しっかり勉強しています
(大阪の工務店や、高知の森林組合の方と、久しぶりに会いました)

僕自身は、「200年もつ家」について、悩んでいます
日本の木の家が200年持つ必要があるのか?
勿論、100年くらい持つように創りたいと思って設計していますが・・・コストとの兼ね合いは・・・

この200年のライフスタイルの変化は、大変なものです
これからの200年、どのように生活が変わってゆくのか、僕には想像することもできません

今の僕に考えられるのは、20年、30年先のリフォームに対応することくらいかもしれません(萩野)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月 7日 (金)

神社が見守ってくれる現場

R0016989 薩摩川内市の「グリーン動物病院」の基礎と地中梁の検査に行ってきました
とにかく暑くて、汗だくになりました
2階建てとは思えない、立派な基礎です(阪神の震災を経験しているので、いまだに構造は無理に絞ることができません)

先生方と打合せや雑談で、あっという間に4時間が過ぎました

R0017000 現場の道路の向かいの小高い丘に、小さな神社があります
ずっと、見守ってくれているような感じがします(萩野)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 5日 (水)

桜の紅葉

R0016981 明石で打合せした帰り、天満橋からの風景

今年も暖かかったからか、大川添いの桜が、きれいに紅葉しています


何故か、おにぎりが、食べたい・・・(萩野)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 1日 (土)

快居の会のパーティー

R0016975 ここ近年、毎年、ある年齢を迎えた人を祝う会があります
ただ、その年齢は、昔と違って意味が異なることが判ります
充分な経験をつんだ人が、これからたくさんのことを、現実の形にしてゆくという年齢に達したことを意味するのだと思います(萩野)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »