« 思い出の場所 | トップページ | 鉄骨が上がりました »

2008年10月 6日 (月)

再度、丹波の一眞坊へ

前日、急に決まって、一眞坊へ走りました
かつおだしの、おいしいそばと、鴨肉を食べました
古い民家で、トイレに行くとえさの時間は、たくさんの鴨(?)が、すぐそばにいますR0016596
R0016590

R0016614 その後、2年前と同じように、陶芸の工房を見学してあるきました
初めて、窯に火を入れているところに遭遇しました
近頃は、年に何度かしかないそうです
どこの作品も面白かったのですが、結局「陶勝窯」で壁掛けの花瓶を買いました
ちょっと、事務所(?)の裏のデッキで、コーヒーをいただきました
池があり、小雨の中、なんと落ち着く、本当のリッチな生活でしょうか?
R0016605 R0016613 R0016610

最後に、温泉で温まって、帰路に着きました(萩野)

|

« 思い出の場所 | トップページ | 鉄骨が上がりました »

コメント

こんにちは!
この前の休みに早速行ってきました!かなり分かりにくくて、大丈夫かなとドキドキしながら着きました!当日はかなり寒くて、冷たい蕎麦は食べず鴨南蛮にチャレンジしました。蕎麦も鴨もとってもおいしかったです!残念ながら時間の関係で、窯や温泉に行く事ができなかったので、次回冷たい蕎麦と温泉に行きたいです!

投稿: KJワークス安本 | 2008年10月14日 (火) 21:11

一眞坊は、ナビでいけますが、踏切を渡った後の曲がるところがわかりにくいので、ご注意を・・
その後、ほんとにあるの?というところをしばらく走ります
冷いほうが、だしの香りがして、僕は好きです(もともと、熱いのは苦手ですし)

丹波焼を見るのであれば、安本さんは、まだ若いので、少し手前の末晴窯が面白いかもしれません

温泉は、そこからすぐの、ぬくもりの郷に行ってます
入浴料は、600円です
露天風呂が広いのですが、2回とも雨でしたので・・

投稿: 萩野 | 2008年10月 9日 (木) 14:12

一眞坊おいしそうですね。鴨肉がおいしいんでしょうか。今度の休みに行ってみたいです。温泉もまた教えてください!

投稿: KJワークス安本 | 2008年10月 9日 (木) 10:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 再度、丹波の一眞坊へ:

« 思い出の場所 | トップページ | 鉄骨が上がりました »