« 高齢者のけが | トップページ | 「古時計」が動き始める »

2008年10月14日 (火)

「コロー」展  神戸市立博物館

R0016658 高校3年の頃、受験勉強の名目で、たまにお城の近くの市立図書館に通っていた時期があります
すぐに勉強に飽きて、閲覧室でぱらぱらとめくっていた美術全集でめぐり合った画家「コロー」です
その後、様々な作家の作品が好きになりましたが、コローは、今も変わらず、好きです
後期に描かれた風景画は、物語から切り取られたみたいな感じがします
あの頃好きだった、シュトルムの小説「みずうみ」などの作品の1つのシーンのような感じがしたような・・・シュトルムはドイツの人なので、実際は、ヒースが茂ったもっと寒々しい風景だったのですが・・・
R0016663
R0016642 博物館に行く前に、南京町で、昼食です(萩野)

|

« 高齢者のけが | トップページ | 「古時計」が動き始める »

コメント

運動不足で、少し歩いただけで、翌日、足が痛くなりました
注意してください

今週末はヨメさんと、この前「浅見光彦」で読んだ、天河村に行ってきます

投稿: hagino | 2008年10月16日 (木) 09:36

来週末は二日間神戸(甥の結婚式なのですが)です。
久しぶりの神戸、娘の案内でちょっとウロウロしてみようかと思っております。

↑古時計、いい話ですね(^.^)

投稿: watanabe | 2008年10月16日 (木) 08:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「コロー」展  神戸市立博物館:

« 高齢者のけが | トップページ | 「古時計」が動き始める »