« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月30日 (火)

打合せに向かう途中に・・・

R0016551 歯科の打合せで、池田に走りました
石橋の高架で渋滞です
ここは確か・・・

阪神大震災で、両親と暮らしていた芦屋の借家が全解しました
近所の人たちを連れて、芦屋カトリック教会に連れて行ったり(避難場所のルナホールが、ガス漏れのため、立ち入り禁止になっていて)、別の避難場所を探したり、知人の安否を確認して回ったり・・・

その後、両親と、近所に住む外国人の方2人(大阪にしか知り合いがいないということで)と、大阪に向かいました
2号線や43号線は大渋滞ということで、北に向かいました
そのときに、確かこの高架を通ったような気がします
この辺りは、普通の生活していたような・・・

もう、一昔前の出来事になります(萩野)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月28日 (日)

薩摩川内市 グリーン動物病院の地鎮祭です

薩摩川内市で、動物病院と住宅の工事がいよいよ始まります
敷地に、建物のシルエットの縄が張られ、具体的なイメージが見えてきていますR0016539R0016541
地鎮祭は、地域によって若干スタイルが異なります
関西では、設計者は「カマ」を使いますが、鹿児島では「クワ」を使います
(確か、福井でも「クワ」か「スキ」だったような・・・)

最後にお神酒をいただきましたが、なんと「芋焼酎」です(さすが、鹿児島)

R0016544来春に向けて、津曲工業さんと、先生方と、話し合いを続けて行きます
R0016550空港にある足湯に浸かって、帰路につきました(萩野)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月25日 (木)

彼岸花

先日の休み、久しぶりに片町の「とん太」へ昼を食べに行った
おなかいっぱいになって藤田邸跡の公園へ・・・
昼寝をしようと2人で芝生に横になってみたが、蚊がすごくて断念

彼岸花が咲いている(萩野)R0016477
R0016491

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月24日 (水)

明石に敷地を見に・・・

5年位前に、テナント開院した先生からの相談です
駅近くの土地に新しく建てて、更に新たな展開を考えているようで・・・でも、どのようなものが建つのか確認する前に、うかつに決めることは出来ません

早く帰って、計画しないといけないのですが、ちょっと気になって、明石公園を覗きます
駅近くにこれだけの緑があり、平日の昼間も、結構市民の人が歩いています(萩野)R0016497
R0016525

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月22日 (月)

敷地探し

R0016442 新たな土地を見に、淡路島へ向かいました
周辺への影響等を考えて、土地選びは慎重です
ICから近いのに、少し入ると静かな風景が始まります

今日も「たこせんべいの里」で買い込みます(萩野)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月17日 (水)

天満宮の後ろに・・・

自転車で走ると、まだ暑い

年を取ると、色々体に問題が起こってくる

今日は整形から歯科へはしご・・・

R0016437 天満宮の裏にある「白米稲荷社」
ひっそりですが、通りすがりの人が、手を合わせている(萩野)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月16日 (火)

地中梁の配筋検査です

こんなに、現場がなかったのは久しぶりでした
これから、薩摩川内、京都と始まってゆきます

守口市の「バーニー動物病院」の建替えです

R0016423 地盤改良が終わり、検査機関の検査です
残暑の中、何も問題もなく終わりました
今日、仮枠を起こします
早く、コンクリートを打設して、埋め戻しをしたいのですが、天気が・・・

雨に備えて、隣地との間の処理や、柱頭の養生を支持して、戻ってきました

明日は、内部の変更の打合せです
確認申請の手続きの変更で、工事をとめるようなことは出来ません
「それは無理です」ということのないよう、機関との協議をすることになります(萩野)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月15日 (月)

イタリアレストラン「ピーターパン」です

R0016415 20年近く前、事務所の仲間たちが食べに行ったと聞かされていた、天神橋筋添いにあるレストランです
16年前、ここに事務所を開いてから、ずっと行ってみたいと思っていまいした

大学時代、鶴甲の官舎に帰省するとき、長い坂道の途中に「ティンカーベル」というカフェレストランがありました
何度か途中で、休憩のために入って、文庫本を読みました
何か、関係があるのでしょうか?
(今日、打合せで、お施主さんが、昔よく行っていた事が発覚・・・ピーターパンという名前でした・・・同じ名前だった  10月30日)

内装は、少し和風で、古民家を再生したように見えますが、床のレベルや外観を見ると、やはり、そのように見えるように造ったのでしょう
あの時代に、このような発想で作ったとすると、新しい考えであったように思います(萩野)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月13日 (土)

住居改善の実例

NPO福医建研究会の例会です

R0016414 大東市で行われてきた、高齢者・障害者のための助成金事業に、快居の会が提案者として参加してきました
健康いきがい課の逢坂さん(理学療法士)を中心としたスタッフと設計者が、当事者を始め家族やケアマネさんの話しを聞き、動作確認を行い、可能な方法を考えていきます
(僕はこの事業には参加していませんが・・・)
その実例を、いくつか紹介してもらい、その後の関係者の意見を聞かせてもらいました

しっかりと考えていけば、手摺やトイレ、浴室のわずかな改修でも、当事者や家族の負担が軽減されることがわかります

自分で出来るというあたりまえのことが、関係者の心や体に多くのものを与えます(萩野)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月11日 (木)

薩摩川内市の工事契約

今日は薩摩川内市のグリーン動物病院の工事契約でした
6年前にテナント開業した病院の立替です
先生方も、贅沢はするつもりはないのですが、少しでも雰囲気の良い病院になればと、少しずつ欲を出してしまい、先生に迷惑をかけてしまったのかもしれません
少しでも無駄を無くせるよう、これから現場と話し合ってゆきます

川内は、少しずつ、秋に向かっています(萩野)R0016404
R0016406

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 8日 (月)

久しぶりの映画です

R0016393 「ハンコック」です
最近、何かとTVで見るもで、見てきました
(割引券をもらうとどうしても使おうとしてしまいます)
ハチャメチャだけしか知らなかったのですが・・・
3000年(?)も生きた人の話でした

そういえば「あやかし」も2000年ほど生きたもの(?)が出てきます
今読んでいる倉橋由美子(大学時代にのめりこんだ)の、最近では珍しい文庫本、「よもつひらさか往還」にも、2000年ほど生きてきた九鬼さんが出てきます
知らなかったのですが、今流行っているのでしょうか?(萩野)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 6日 (土)

向日市の打合せ

動物病院の打合せで、向日市に打合せに行きました
阪急やJRの新しい駅も出来てこれから人も増えそうです

R0016390 少し早かったので、近くを歩くと、大きな田んぼが広がっていました
久しぶりに、田んぼの臭いをかぎました(萩野)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 5日 (金)

堺の「多治速比売神社」

先日、既存の医院の全面改修の打ち合わせで、堺に行きました
いつものように競合しているので、まだ、どうなるか判りませんが・・・

お父さんと息子さんとあれこれ話して、ちょっと改修のポイントの話をすると、「それは、初めての提案で、なかなか面白い」といってもらって、うれしい気持ちで帰ってきました
僕たちは、設計監理で生きているので、工事者が誰になろうと、ちゃんと仕事をしてもらえればかまいません(そこに利害は発生しません)
その客観性を理解してもらったのだと思います(思いたい)

R0016383 戻ってくる途中、大きな森があり、少し走ると鳥居が見えてきました
「多治速比売神社」(たじはやひめ)と書かれていました
仕事をすることになれば、いつか、境内を歩いてみたいと思います(まず、選んでもらわなければなりません)
カーブミラーに、フォレスタが移っています(萩野)
R0016382

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 1日 (月)

広場の工事

R0016322 天神橋の下の広場が閉鎖されてかなりの時間が過ぎている
(ビーチバレーのとき、少し使われていたが・・・)
地下鉄の工事と、何か関係があるのか?
キリン草が、立派に育っている
都会で、こんな景色を見ることは、あまりない

建築工事は、いつも時間との戦い
でも、土木の工事は、どのような工程で進んでいるのか、まったく想像がつかない
(天災に備え、百年持つものを造っているのだからと聞くが、最後は税金に返ってくるのだけれど・・・)

R0016324 テニスコートで、昼からテニスをしている人たち
僕たちの老後に、そんな時間は待っていてくれるか?(萩野)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »