« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月27日 (木)

今年も終わりです

今日は、吉野の併用住宅の打合せで、橿原に打合せに行ってきました
いつもの風景も、今日は冬の訪れを感じます
来年は、京丹後と吉野の現場のため、チェーンを買わなければなりません
なかなか電車で行きにくいところなので、不安ですが・・・

明日、掃除をして、今年は終わりです

R0013728イヴの夜、大川添いのテニスコートの横で拾った、ヒマラヤスギの種です(?)
「シダーローズ」と呼ばれているそうです
ここから、まつぼっくりのように、種がはらはらと舞ってゆくのでしょうか・・・(萩野)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月26日 (水)

打合せで舞鶴へ

R0013724 京丹後の併用住宅の打合せで今年最後の舞鶴へ・・・
上棟してからは、現場で打合せを行うことになると思いますが、今はまだ基礎工事なので、現場に、イメージを描き立てるものは、あまりありません
サッシュや外壁や制作家具、給排水の打合せを行いました(萩野)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月25日 (火)

あわただしい2日間

R0013667 24日は、東かがわ市の基礎配筋の事務所検査を行いました
共同設計の水野氏(愛媛のユニプランニング)と現地に集合しました
水野氏が細かな指示を行い、埋設配管の手直しを指示して、施主と決めるべきことを確認しました(工程の遅れは厳禁です)
R0013684 戻ってきて、少しでもクリスマスの雰囲気を味わうために、せめてもの、中ノ島のイルミネーションの見物でした
R0013715 今日は、岸和田の現場の地中梁の配筋の役所検査です
丁寧な仕事に、若干の注意は受けましたが、資料を提出すれば、OKです

年末までに、まだまだしておかないとならないことが、続きます(萩野)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月21日 (金)

吉野で配筋検査

R0013650 確認申請の遅れで、年末になってしまいましたが、今日、構造設計者にも来てもらい、地中梁の配筋の事務所検査です
これで何とか今月中にコンクリートを打つことが出来そうです(後は天候しだい)
寒くなる1月、2月には、なるべく大事なところのコンクリートは打ちたくありません

ほとんどの監理者や施工者は、このようにちゃんとチェックをしています
それを、悪意を持った人と同じように扱われ、多大な手間をかけさせられ、更にそれを施主に請求しなければならないとは・・・どうしても、納得できません(萩野)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

見てる方がこわい

100_1211この時期するところ、
多いんでしょうね(宮本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月19日 (水)

小説「富士山大噴火」 鯨 統一郎

R0013619300年、活動を休止している富士山が噴火する話
それを予知しようと努める人々を中心として、物語は進んでいく

先日、静岡の仕事で、現地を見に行ったとき、美しい富士山を見たばかりだったので、あれが噴火するのか・・・複雑な思い


R0013457_2 話の中で、主人公のカメラマンが幻のアングルを探す
新幹線の海側に富士山が見える場所
それ、この前見た、富士山
静岡の手前

しかし、帰りに撮ろうとしたら、雲の中に隠れていた
確か、この辺だったのだが・・・(萩野)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月17日 (月)

宝塚 竣工見学会

R0013461昨日、「宝塚の家」の完成見学会を行いました
前日いった時には、照明器具の取り付け等、たくさんの職人さんが働いていましたので、僕自身も完成した姿を見るのは、初めてです

押さえ気味の白い外壁と黒い板張りの対比が、青空に映えます
派手にならないよう努めたつもりですが、結構目立ちます
R0013473 玄関を入ると、こだわったホールは、木の階段と和室前の中庭がきれいです
(植栽が入るのが楽しみです)
R0013483 和室の床板は、阪口製材所の阪口さんが、夜、わざわざ材の目肌の確認に来てくれたケヤキで、表情がとても面白く、月日を経て、もっと渋くなってくれることでしょう
R0013511 シンプルを意識した内部空間は、家具(仮のものですが)が入ると、急に表情を表します
住み手の思うままに、仕上げてほしいと思います
R0013577 夜になると、違った表情を表します
内部の明るさは、十分あるのですが、外からのプライバシーは、きっちりと確保されています
夜景もきれいで、たくさんの楽しみがあることでしょう

でも、住み手の喜びの言葉が、今回の家作りの、最大の報酬です(萩野)

R0013583 R0013587 R0013589

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月13日 (木)

もう5年もたちます

R0013397 和泉市で設計した、併用住宅(現在は住宅として使用)に行ってきました
将来は、動物病院が移転します
先生が女性なので(すごく明るい人です)ちょっとかわいらしくしました

まだまだ、外壁もきれいです(萩野)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月12日 (水)

年月がたてば・・・

R0013402 9年くらい前に、本体より大きな建物を増築した先生からの話で、改修の話に言ってきました(病院と住宅)
クロスもくすんできて、内部は、増えた機器でいっぱいです
このようにと、あれこれ話をして・・・ちゃんとした図面を作成してみます

R0013417 10年近くたっているのに結構きれいで、ていねいに使ってくれているのだなあ・・・と感心しました(萩野)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月10日 (月)

冬の足音が聞こえる

R0013352_2 この間まで、紅葉と、 はらはらと散る落葉を楽しんでいたのに、気が付くと、桜もケヤキも、葉を落として、冬が近づいている(萩野)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 8日 (土)

制作キッチンの搬入

R0013366 「宝塚の家」の外構で、どうしても、もう一度確認したくて、現場に走りました
職人さんと、あれこれ・・・

家具の搬入も、始まっていました
色々と打合せを重ねた、オリジナルキッチンです
水廻りや、設備の取り合いのある部分から、組み始めています

R0013364 床の養生も取れて、檜のムク材が現れました
床や柱や梁と白い壁の対比が、きれいです(萩野)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 5日 (水)

ひらの動物病院の開院

R0013329 いつも、開院のときに写真を撮りに行きますが、今回は東かがわ市の地鎮祭に重なり行けず、昨日初めて行って来ました
動物病院は待合に面する扉が多く、どうしても長い待合になってしまいます
R0013298 R0013341 R0013297 R0013308 R0013347 でも、ちょっとだけ離れたコーナーを取って、気の弱い動物たちが落ち着くスペースを作ります
ずいぶん広くなったのですが、すぐに一杯になります

受付の下に、子犬が覗いています(萩野)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 2日 (日)

大川添いの紅葉

R0013222 今年は暖冬のせいか、桜の紅葉がいつもより紅く、長いような気がします

朝、落ち葉の敷き詰められた川沿いの路を歩くのは、ちょっといい感じで、ひと時、追われている仕事のことを、忘れます(萩野)
R0013224

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 1日 (土)

仮囲いが取れました

宝塚の家のシートがはずされ、外観が現れました
渡辺さんに描いてもらったパースと同じです(あたりまえですが・・・)
外壁は、乾くともう少し白くなるかもしれませんが、なんせ自然の砂が相手なので・・・
R0013293 R0013271 R0013276 R0013278R0013284 R0013290
「民家」としてのこだわりから、特別なものは使わず、あたりまえのもので組み立てていますが、住み手の理解でシンプルに作った空間は、白いキャンバスとなって、住んでもらうのを待っているようです
後は、住み手が自由にコーディネートしてほしいと思います

16日には見学会です(萩野)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「みずくろ歯科」のプレオープン

R0013235 ガーデンモール清和台で、プレオープンを迎えました
共同でやってきた中村氏が、ややこしい全体工事との調整をすべてやってくれて、何とか完成です
10件以上歯科をやってきたのですが、それでも初めてのことがあり、先生の暖かい理解があり、やっとここまで来ました
R0013242 R0013247 R0013264
アルミ枠とガラスを使った、あいまいな半個室タイプです
ガラスの間の明るい通路を通って、治療スペースと、予防スペースに分かれます
治療スペースのコーナーに、相談スペースを設けています
内装工事ですが、スロープを設け、車椅子や、ベビーカーの対応も考えています

イベントの企画力もあって、ひっきりなしに人がきます
明るいインテリアと、先生の人柄が、判ってもらえたのだと思います(萩野)
みずくろ歯科さん

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »