« 京丹後市の地鎮祭 | トップページ | 万国旗がゆれている »

2007年9月22日 (土)

NPO福医建研究会 例会

R0012042数年前に脊髄損傷で、車椅子の生活になった高校生の住居改善のその後の検証です

当時、両親と、高校の校長と、医療機関の努力に、臨床心理士と建築士の連携が加わって行われました
色々な過程の説明を聞き、改めて大変さを感じました
現在は車を運転して、大学に通っているそうです

浴室の車椅子からの移動のためのすのこです
車椅子の寄り付きの工夫がすごい(萩野)

|

« 京丹後市の地鎮祭 | トップページ | 万国旗がゆれている »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185971/44762376

この記事へのトラックバック一覧です: NPO福医建研究会 例会:

« 京丹後市の地鎮祭 | トップページ | 万国旗がゆれている »