« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月30日 (金)

「コンタクト・ゾーン」篠田節子

R0010460 篠田節子の小説

東南アジアのリゾート地に旅した3人のOLが、政変の混乱に巻き込まれる
サバイバルから、山間の村に逃れ、村人と生活を共にする
日本での生活に、それぞれ、大きなストレスを抱えていた
それが、異常な生活の中で、少しずつ変わっていく

平和な生活の中で、無為に時間を過ごしていないか?(萩野)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月29日 (木)

京都の動物病院 竣工

R0010494 何とか開院に間に合いました
若干、手直し等残っているのですが・・・開院です

テナントからの移転だったのですが、どこに入っていたの(?)というくらい、たくさんのものが出てきて、ずいぶん広くなったはずなのですが、物があふれています

2階のトリミングも、開業早々、仕事に追われています(萩野)
R0010465R0010483

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月28日 (水)

春の大川添い

R0010502 今日は暖かい
打合せの帰り、自転車で大川添いを走る
やっと少し、桜が咲き始めた

今はまだ静かだけど、来週は、何十倍の人で、あふれかえる

大川に、カフェが浮かんでいる(萩野)
R0010504

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月26日 (月)

亀岡の「へき亭」

R0010394 正月明けから、2回目の休日

亀岡の武家屋敷跡を利用した料理屋さん
現在のご主人は7代目だとか
何百年も前の和風建築の中で、地元の食材の料理を味わう
庭はすごく静かで、新緑のときがきれいだそうで、桃は終わり、桜はまだで、早く来すぎた感あり
R0010398 飾られていたお雛様は、江戸時代のもの

秋には津軽三味線とバンジョーのコンサートがあるとのこと

役所広司や真田広之の映画のロケにも使われたそうで、食事した部屋は、ジャニーズの岡田くんの映画に出てきたそうな
R0010401
その後で、40分ほど走って行った音楽堂
福井から古民家を移築し、ドイツ人(?)と日本人の、ピアニストの夫婦が、音楽堂として利用しているとのこと
春と、秋に音楽会があるとのことで、今年の秋に時間があえば行くことになるのだろうか?(萩野)
R0010409R0010412R0010416

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月24日 (土)

桃園とモクレン

R0010436 小雨の大阪城公園の桃園に出かけた
遅咲きの桃は、もう少し先になりそう
ピンクや白の花が多い中、ひときわ鮮やかな花がある
花の数も控えめで、それが逆に目を引く

桃の木の後ろの川際に、毎年、モリヤマアカシヤ(ミモザと思っていた)が黄色い花をいっぱいつけているのだが、今年の梅園のときに、枝を落とされているのを発見、今年はさびしい姿になっていた
R0010438 桃園にあわないからというのではさびしすぎる
何かわけがあったのだろうか?

クリスタルタワー横のモクレンは、もう満開で、散り始めている木もある
去年は、桃とモクレンは同じ時期だったと思うが・・・(萩野)
R0010441
R0010459R0010450

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月23日 (金)

家具の搬入

R0010376 今週の月曜日、火曜日に、山口と京都の動物病院の医療家具の搬入がありました
事前に十分打合せをしているはずですが、何か起こったときのために、夕方まで立ち会います
大勢の人が動き回り、僕たちはあまりすることがなく(何もすることがないのが一番よいことなのですが・・・)寒さに震えています
これが終わると、荷物を運び、診療がスタートします
先生も、スタッフも、きっとくたくたです(萩野)
R0010378R0010388

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月21日 (水)

事務所のミニバラ剪定その後

Dscn0986冬に花をつけてた事務所のミニバラ
背ばかり伸びて葉っぱはどんどん
枯れ落ちてしまったので
萩野さんの奥さんが、新芽は残して
思い切って剪定してくれたのが
かれこれ1週間くらい前のこと
その新芽が葉っぱになりつつあります
ここ数日、冬に逆戻りしたような
寒さでしたが
近々また花をつけてくれるでしょう(宮本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月18日 (日)

関西大学 QOL改善モデル

関西大学が月が丘に造った、高齢者・障害者や支援者のための実験住宅です
「快居の会」もアドバイザーとしてかかわっていました
様々な行動を体験する施設です

快適な睡眠を体験する施設があります

また、最小のキッチンモデルと、いろいろな高さを体験する施設があります
R0010313R0010317
いろいろなタイプの浴室を造り、また、リフトを使った介助を体験する施設があります

玄関の段差や、階段のためのリフトや、エントランスのアプローチのためのエレベーターが体験できます

R0010315今後、この施設で、様々な体験がなされていくのだと思います
R0010323R0010335R0010343R0010353
R0010364
入り口の横に咲く、モクレンです(萩野)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月13日 (火)

古い薬屋

梅宮大社近くの、ふるい薬屋さんです
以前は、はっきり見えなかった古い薬の看板を、撮ってきました(萩野)008Dscn9334

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月12日 (月)

音について

先日のテレビで・・・

音は、日本人も、その他の人たちも、基本的には感情をつかさどる右脳(?)で認識する
しかし、自然界の音などを、日本人は言語をつかさどる左脳(?)で認識するらしい
日本人は、独特の感性によって、川のせせらぎや虫の音を聞く
それは単なる音ではなく、語りかける言葉なのだ
従って、それを聞くことによって、やすらぎを感じることが出来るようだ

バイオリンの音には、ゆらぎがあり、キーボードの音にはほとんどゆらぎは見られない
風鈴の音にも、美しいゆらぎがあり、それが涼しさを与えてくれる

日本人独特の感性が、徐々に失われていっているのではないかと、ちょっと不安になる(萩野)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 9日 (金)

コンセントの確認

Dscn9327dc 工事に入ってから、現場でコンセントなどの最終確認を行います
図面で色々話していても、最後は現場です
ここにも、あそこにもほしいと思うのは当然ですが、コストにも影響しますし、家具の配置等検討しなくてはなりません
どう使うか話し合いながら、いろいろな可能性も含め考えて、決めていきます(萩野)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 7日 (水)

今日は少し寒い

Dscn9318omm 今日は寒の戻りだったようで、昨日同様、風が冷たい
キンとした空気の中で、OMMのハーフミラーに、風景が写りこんでいます(萩野)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 6日 (火)

歯科 テナントの現場

R0010310dc 本体建物の竣工にあわせて、ハードな工程で、内装の現場が進んでいます
床下地、床下配管や、PC関係の仕込が終わり、床の上の工事が始まります
短期間の工事なので、現場だけでなく、我々も、先生も、時間に追われることとなります

各業者さんの関係する図面などが、壁に張られています(萩野)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 5日 (月)

歩道の桜

Dscn9317 天神橋2丁目のバス停の脇の桜が咲いてます
まだ3月のはじめです(萩野)
(夜だからわかりにくかったのでしょう
たぶん、梅だと思います 宮本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 4日 (日)

京都の現場の追い込み

R00102890303 後、20日あまりで引渡しです
様々な変更をお願いしたため、現場は大変な状態です
来週から仕上工事に入ります
1週間で急変します(萩野)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 2日 (金)

「シリウスの道」 藤原伊織

Dscn9316 一昨日、風邪気味のため、7時過ぎに帰って、すぐに布団にもぐりこみ、読み終えた
何年か前に偶然出会った「テロリストのパラソル」から、見つけるたびに読んでいる作家

会社員としての日常と、心の中で求めるものとの間でゆれている心理描写と、こんな人はいないと思うほど大胆な行動が,面白いのだろう(今の自分はどうなの・・・)

「テロリストのパラソル」に出てきた新宿のバーが今回も登場する(あのホットドッグはうまそう)
ずっと前に「テロリストのパラソル」は、ドラマでやっていたような
キャベツを刻むシーンだけが、何故か記憶に残っている(萩野)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 1日 (木)

宝塚の現地

R0010273 今日、現地に行くと、9月に行った後、様々な住宅が建っていました
工事中だった両隣の家も完成です
それぞれの家の窓の位置を調べ、こちらの窓との関係を確認します
もともと、隣地には何かが建つものとして計画しているので、大きな問題はなさそうです

奇抜な家が建っていたらどうしようと心配していたのですが、両家ともシンプルな色使いで、これなら今の計画でも、違和感なく風景の中に納まっていくような気がします(萩野)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »