« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月31日 (水)

吉野の杜 新年の集まり

R0010155 今日、吉野の杜ネットワークの新年の集まりです
昨日の新年会に参加できなかったので、早朝に家を出て合流しました

吉野温泉から、後ろにある山の斜面を登って蔵王堂に参りました
運動不足と年のせいでふらふらになって登りました

今年も、国産材の家作り、産地との取り組みの始まりです(萩野)
R0010162R0010167

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月29日 (月)

NPO福医建研究会 例会

「障害者自立支援法について」

大東市障害福祉課 村岡さんによる、障害福祉制度の歴史についての説明がありました
最後は、2006年「障害者自立支援法」の理念に関する説明でしたが、高い理念と裏腹に、現実の問題も・・・行政側の立場としては、何もいえなかったのでしょうが、とにかく現場は大変なようです

作業所コスモス 寺岡さんによる、作業所の現状についての説明があり、新法に代わってから、止めざるを得なくなった、たくさんの障害者の人たちにたいする思いを聞かせてもらいました

介護事業所ケアフレンズ (ヘルパーさんの訪問介護) 山田さんによると、ヘルパーさんにたいする支給額の低さが、事業として成り立たないほど低いもので、これでは親身になっての介護は出来ないという現実を聞かされました

「障害者自立支援法」の運営については、まだまだ問題があり、日本はこういう方面では途上国なのだと実感させられました

これから、ますます増えていくだろう、お年寄りや障害者の人たちが、安心して暮らしていけるようになるのでしょうか?(萩野)Dscn9239Dscn9241

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月27日 (土)

ハナミズキが・・・

Dscn9236 二年半ほど前に竣工した動物病院+住宅で「カビが生えているような」と連絡があり確認にいってきました
給水の締め付けの緩みのようで、そのしずくによってカビが少し生えていみたいです
水道屋さんの手配を工務店に頼み、あれこれ話して帰ってきました

帰り際に、アプローチのハナミズキの異変を発見、以前、車に当てられ傾いていたと聞いていましたが、かなりきつかったようです
皮もはがれ始め、その下の幹も割れています
大切なアクセントですし、先生方も気に入っていたということで、もう一度植えてみようと考えているそうです
八尾は、植木屋さんが多いようなので・・・(萩野)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年1月25日 (木)

周南市 サッシュの取り付け

R0010127 天候にも恵まれ、順調に進んでいる周南市の現場です
サッシュを取り付け、外壁を張ることになります
もう少しで、建物のシルエットがはっきりしてくるでしょう

待合の吹抜けのところにタワーの足場が建ってます
こんなところで作業することは、僕にはとても出来ないでしょう
R00101312階のスタッフルームは広い屋上に面していてとても気持 ちいいのですが、ゆっくり休むことはあまりないのかもしれません

動物病院の先生やスタッフの人はとにかくよく働きます
きっと、動物が好きでやってるからでしょう
好きなことをやれるのは、幸せなことです(萩野)
R0010136

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月21日 (日)

阪口さんの木材を使った家の見学

R0010117 吉野の杜ネットワークで一緒に活動している阪口製材所の木材を使った家の見学会が橿原でありました

外観は、シンプルな切妻が折り重なって続いています
70坪を超える広い家で、どこもゆったり創られています

「節があってもいいから本物の木を使いたい」というお施主さんの要望がかなえられた家です
吹抜けのあるリビングは、杉材と珪藻土の壁で柔らかい空間になっています
R0010118_1リビングに続く和室と、その奥には(ダイニングとして使われるだろう)畳に、掘り込みテーブルが入っています
天然乾燥の材が使われているとのことですが割れもほとんど見られず、十分乾燥期間を経てきているようです
(天然乾燥なので、香りがすごくいい)
トイレの手洗いカウンターは、原木の形のままで、黒くてク リ かと思ったのですが、タモだったようです(阪口さんと話ばかりしていたので、よく覚えていません)
R0010122大切に育てられてきた、こんな木を使った家を、なるべく多くの人に知ってほしいものです(萩野)
R0010114_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月19日 (金)

デザイナー・・・?

2ヶ月ほど前、知り合いから頼まれて、断れなくて、何年ぶりかで知らない人の計画した歯科の内装の実施設計を行った(仲間内では、時々助け合っているが・・・)
医師が分院を出すそうで、デザイナー(?)に、イメージプランとデザインを頼んだそうな
打合せに同席して、ア然
雑誌等をスキャンして貼り付けたような資料をもらい、説明を聞いているうちに、建築についてあまり知識のない人だと感じる(おそらく、グラフィック関係の人ではないのか)
なぜこのような無駄な動線をとったの?
この寸法で本当に使えるの?
壁に間接照明を仕込むなら、壁厚は倍以上になるんじゃないの?
これだけのコストをかけて、本当にこれをする価値があるの?
等々
とりあえず質疑を出して、でもやっぱりやるとのこと
結局、当初の予算を1000万ほどオーバーした見積りを出して、工務店は断られたそうな
どうなったことやら・・・(こちらにもお金が入ってこない)

住宅でも、医院でも、誰でも使っているものだから、ついつい計画ぐらい出来ると思ってしまう
また、絶対出来ないとは言わない
現に、お施主さんの提案したことのほうが良かったことも、たくさんある
話し合いを続けていって、創ってはつぶして、それが基本計画
でも、僕たちは技術者
最後のところでは、その技術を信頼してもらうしかない(萩野)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年1月18日 (木)

尾道「さびしんぼ」

先日、山口の現場から「こだま」でのんびり帰ってきた
尾道で停車・・・ふと思い出した映画「さびしんぼ」
大林監督(?)の尾道3部作の一番のお気に入り
ごく普通の高校生と、彼があこがれるピアもを弾く女子高生、それに絡んで登場する「さびしんぼ」・・・若いときの母親
思春期の少年の心が、ふらふらと揺れる
そして流れてくるのは、ショパンの「わかれの曲」
向島(?)への渡しと、夕暮れの島のシーン(やはりセンチメンタル)
何年か前、尾道に行って船着場で、小さなフェリ-を発見、ここかと感激したのを思い出す
この映画を見てから、富田靖子や小林聡美を見ると、何故か心が騒ぐ・・・エビスビールを買って帰ろうか(萩野)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月17日 (水)

京都の現場の上棟式

Kicx21241 山口に続いて京都の上棟式です
同時進行で動物病院の工事が進んでいます
どちらも年末に上棟し、いま山口が一歩リードです
でも、京都の施工者は動物病院の経験があり、これから追い上げるといってます
先生夫婦とお母さんの他、設計者、施工者、そして今回特に無理難題をクリアしてくれた鉄骨屋さんの参加です

解散するとすぐに、雨が降り始めました(萩野)
R0010110_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月16日 (火)

竣工後の医院へ

_040 2年半ほど前に竣工した医院で問題が発生し、施工者と一緒に訪ねました
地下の2重壁の中の排水管のつまりのようで、補修の段取りを打合せし、先生に報告しました
その後2時間ほどあれこれ雑談し、帰って来ました
医院のほうも順調なようで、ほかには特に問題もなく、安心しました

鴻池組の丁寧な施工のおかげで、今もきれいです
_043

正面に植えたオリーブが、育ちすぎて、ちょっと心配です(萩野)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月14日 (日)

ワークススタジオのイベント07.01

R0010073 彩都のKJワークスで、ワークススタジオのイベントがありました
相談会となると、やはり気軽に来にくいのが現実です
そこでイベントをメインにすることで、気兼ねなくこれる雰囲気を作ることによって、まず、木の質感を体感してもらうことにしました
多くはKJワークスのOBさんでしたが、そんな人たちが来るのは、竣工後も良い関係が続いているからだと思います

R0010095 イベントは、吉野の坂口製材所の社長さんによる、吉野杉の話と、坂口さんたちによる、もちつき大会です
坂口社長の話にはノートをとる人もいて、こういう人たちと家作りがしたいものだと・・・
もちつき大会は大人気で、用意したもち米がすぐに無くなってしまいました(待っている人にわたらないのではとハラハラ)

今、設計しているお施主さんが、まきストーブに興味があR0010096 るということでイベントに来てもらい、福井社長の話を聞いてもらいました
どうするのかは、まだ未定ですが、暖かさは、体感してもらえたと思います

あわただしく、1日が過ぎました(萩野)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月13日 (土)

周南市で上棟式

Dscn9206 年末の上棟ということもあり、上棟式が今日になりました
1階の土間配筋がすでに施工されていることもあり、2階のデッキプレートの上にベニヤを敷いて、太陽の下でお昼を食べました
先生の日常の苦労話など聞けて、これから細部を詰めていくに当たって参考になったような気がします

住宅と同じで、動物病院も、それを使う先生によってそれぞれ考え方が異なり、「こうだから、こう」的な考えではとてDscn9220 もうまくいきません
話を聞いて、色々と提案していかなければだめなのでしょう

前の歩道の植え込みに「シャリンバイ」がたくさん咲いてます
プレートには5月頃花が咲くと書いているのですが・・・今は1月です
本当にシャリンバイなのでしょうか?こんな花ではなかったDscn9213 ような・・・(萩野)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月11日 (木)

コーンウェルの「真相」

Dscn9195 先日読み終えた、検視官シリーズ、パトリシア・コーンウェルの「真相」です
現存する資料を基に「切り裂きジャック」は誰かを、ある人物を仮定して証明していく話です(小説ではないようです)
毎日、昼、弁当を食べながら本を読んでいるのですが、この内容はちょっときもち悪くて、食事中に読むのは無理でした
浅見光彦シリーズと違って、ずいぶん時間がかかりました
(今は、気分転換に、「しまなみ幻想」を呼んでます)
これを読んでいるうちに、イギリスでの事件が報じられました
また、日本でも、続けていやな事件が起きてます
「羊たちの沈黙」以来の、なんとも不気味な感じです(萩野)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月10日 (水)

新年の現場

_003_1今年初めての京都の現場打合せです
工期が短いので、後からでは絶対に調整の利かないところから決めていきます
建築の仕事は、現実には時間とコストが限られているので、その中から優先順位を決めてつめていきます
これから2ヵ月半で竣工するのは大変です

近くの梅宮大社に参拝しました

参道にある、古い薬屋さんです・・・?
見えにくいと思いますが、昔の薬の名前の書いた板が並んでいます(萩野)
_009_010_008

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 6日 (土)

あけましておめでとうございます

R0010055 正月明け、散々迷惑をかけてきた両親を連れて、淡路島の温泉に出かけました
芦屋で震災を体験したこともあり、北淡震災記念公園を見学(時が過ぎても、思い出すのは、やはりいやな感じです)
気分を変えて、香りの館でお香を買って、車の中をハーブ等の香りいっぱいにして南淡へ向かいました
温泉に浸かり、ホテルの小さなすし屋でこの日だけは何も考えず、好きな魚を、好きなだけたのみます(それでもレストランのコースより安い)
R0010049 翌日は、黒岩のすいせん郷を見学・・・年とともに、登るのが少しずつ苦痛になるような気がします
今年は花が遅いようで、5分咲きぐらいでしょうか
あわただしい2日が過ぎて、今日から、仕事が始まります(萩野)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »