« 吉備SAの紅葉 | トップページ | 判ってもらえるのです »

2006年11月23日 (木)

なぜか判ってもらえない

昨晩、現場の人と電話で長い間、話しました
「なぜ施主は僕たちの話を理解してくれないのか?ちょっと他人に言われたことで、ちゃんと話し合って決めたことを変えようとするのか?」
そんなこんなの愚痴を聞いていました
僕たちには、こうするとこうなるから良くない、使いにくい、きれいじゃない、そんなことが普通の人より早く判ります
それを、ゆっくり説明し、きっとわかってもらえると思っています
しかし、そうはいかない場合が、たまにあります
それじゃと、言われるままに作ってしまうと、「なぜもっと説明してくれなかった。我々は素人なのに」といわれます
建築には、素人とか関係なく、時間をかけて考えればわかることが沢山あります
じっくりと、本気で考えてほしいと思います
一生、使うのは、その「素人」の人なのだから

「普通の人が使うものが、普通の人に判らない訳はない」と思います
僕たちは、それを考える手助けをし、問題を説明し、より良いと思うことを提案するのであって、それを決めるのは「使う人」なのです(萩野)

|

« 吉備SAの紅葉 | トップページ | 判ってもらえるのです »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: なぜか判ってもらえない:

« 吉備SAの紅葉 | トップページ | 判ってもらえるのです »