« 落柿舎 | トップページ | 太宰 グッド・バイ »

2006年10月22日 (日)

有元利夫

Dscn96071 昨日、昼から、守山市の佐川美術館に行ってきました
よめさんの強い要望により「有元利夫-女神たち」を見るためです
僕自身は、本の表紙などでほんの少し見た程度で、ほとんど知りませんでしたが・・・

38歳で亡くなったということで、生きていれば、あれから20年で、今は何を描いていたのでしょうか?
どれも、幻想的で、心象的で、そこからつながっていく物語を感じました
(一枚の絵ではなく、物語の一コマ、そんな感じでした)

また、作品を見るだけではなく、各所に制作にたいする考え方が書かれていて、なるほど、こんなことを考えて、こうしているのか・・・など、納得させられました
漠然とではあるけれど、設計にたいする取り組み方の、ヒDscn96092 ントになったような気がします

近くの「みずほの湯」で、温泉に浸かって足の疲れを取り、帰ってきました(萩野)

|

« 落柿舎 | トップページ | 太宰 グッド・バイ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 有元利夫:

« 落柿舎 | トップページ | 太宰 グッド・バイ »